アイシン探偵事務所TOP >> 調査事例

調査事例

浮気相手が浮気・・・・・・ [千歳 浮気調査] 2010年4月5日

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。



篠原 幸子さん(48歳)からご相談を頂いたのは千歳に初雪が降った11月。

幸子さんは夫 健二さん(49歳)と長女 久美子さん(24歳)、

次女 恵美さん(21歳)の4人家族。



ご相談の内容は夫 健二さんの浮気についてであった。

健二さんは建築関係の会社を経営されている。

結婚25年間の間、健二さんは浮気を繰り返し、幸子さんが浮気を問い詰めると開き直り、暴言や暴力を振るうような状況であった。


幸子さんは何度も離婚を考えたが子供の事を思うと離婚に踏み切れなかった。

次女の卒業と就職が決まり、幸子さんはいよいよ離婚について準備を始めたのだ。



そこで当社に現時点での健二さんの浮気の状況確認と不貞行為の証拠取得の依頼をされたのであった。



早速調査を開始する。



健二さんの行動は朝8時に会社に行く。

午前中は建設現場を廻り、午後からは取引先に営業に行く。

午後7時、ある24時間営業のスーパー駐車場に入る。



駐車中の健二さんの車に一人の女性が乗り込み、

その後、健二さんの車が走行を開始する。

すると隣町のラブホテルに入った。



2時間後、そのホテルから健二さんの車が出てくる。

先ほど女性を乗せたスーパーの駐車場に戻り、その女性が健二さんの車を

降りて自分の軽自動車に乗る。

健二さんとその女性の車は別々の出口からそのスーパーの駐車場を出て行く。



その後も調査を継続するとその女性とは週4日は会っており、

健二さんはかなりの熱の入れようであった。



その女性は健二さんが取引する会社の事務員。



年齢は健二さんより20歳以上若い26歳である。



健二さんの浮気相手はこの女性一人と断定ができた。

探偵は健二さん側の調査からその女性側の調査に切り替えた。

行動調査をする時には、調査対象者の特定接触人物(浮気相手)が

確認できた段階で、調査対象者の警戒を回避するため、浮気相手側の調査に切り替えるのである。

浮気相手の行動を確認していれば調査対象者と接触するからである。



ある土曜日、その女性の自宅マンション付近で張り込みをしている。

午前11時その女性がマンションを出てくる。

探偵が尾行をする。

健二さんと合流するとの想定である。



女性は自宅近くのコンビニに入る。

5分後、その女性はコンビニ駐車場に入ってきた車の助手席に乗り込んだ。



その車はハンバーグレストラン駐車場に入り、二人が店内に入る。

その車を運転していた男性は健二さんと同年代である。

その後ハンバーグレストランで食事をした二人は、再び車に乗り込み、

走行を開始する。



車を走らせ到着したのがラブホテル。

5時間後、そのラブホテルから出てきた。



なんとその健二さんの浮気相手の女性は浮気をしていたのである。



更に調査を進めて行くと健二さんと会った後、別な男性ともホテルに行くのである。



その女性にとって健二さんは遊び相手の一人であった。



以上を依頼人の妻 幸子さんにご報告をさせていただいた。

「可哀想な人ね」と健二さんのことを言っていたのだが、翌日当社で紹介した

弁護士のところへ行き、離婚についての交渉を委任したのであった。



半年後、健二さんと財産分与と慰謝料が合意になり、離婚が成立した。

健二さんは何度も幸子さんに謝罪し、夫婦の修復を要望したのだが、

幸子さんはそれを受け入れることは全くなかった。



「やっとこれから自分の人生を生きられます」とつぶやいた幸子さんの言葉が

健二さんとの結婚生活の辛さを物語っていたのでしょう。

離婚そして復縁・・・また浮気?[札幌 浮気調査] 2010年2月23日

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。



札幌在住の江藤 典子さん(38歳)からご相談を頂いたのは、札幌雪祭りが行われている2月。

典子さんは夫 康志さん(44歳)、長男 克典君(10歳)の3人家族。

康志さんは運送関係の仕事、典子さんはパート事務員として勤めている。

2年前に康志さんと典子さんは、康志さんの浮気が原因で離婚をしていた。

1年前から康志さんからの復縁の願いがあり、典子さんも悩み迷ったが、克典君の事も考慮し、半年前に復縁をしたのであった。



復縁後、康志さんは典子さんや克典君に対して優しく家族想いであった。

だが、3ヶ月前から康志さんの態度に変化があり、前回の浮気をしていた時のように

帰宅が遅くなり、休日も仕事と言っては出掛けるようになった。

言葉も乱暴になり、典子さんが何か言うと「また離婚するぞ」と悪態をつくようになった。



以上の内容を聞いた探偵は、やはり浮気の可能性は高いと判断し、調査の依頼を頂いた。



早速、翌日より調査を開始する。

康志さんの退社後、尾行をする。

康志さんは家とは逆方向に車を走らせる。

ある公園の横に車を駐車し、公園近くのマンションに入って行く。



3時間後、そのマンションから康志さんが出てきて、駐車している車に乗り込み、

自宅へ帰る。

自宅に到着したのが11時30分。



翌日、典子さんと連絡を取ると康志さんは残業で遅くなった、と言っていたようだ。

その後も調査を継続する。



康志さんは、毎日そのマンションに行くのである。

その週の日曜日、康志さんは仕事と言って朝9時に自宅を出る。

例のマンションに向かう。

マンション前に車を停車していると、そのマンションから女性が一人出てきて、

康志さんの車に乗り込む。

その後、車が走り出す。

到着したのは小樽であった。

二人は小樽運河を散策し、レストランで昼食を摂る。

その後夕方に女性のマンション戻り、3時間後そのマンションから出てきて、

自宅へ帰った。



後日、探偵は典子さんに全ての内容を報告した。

なんとその女性は前回の離婚の原因となった女性であったのだ。



前回の離婚後、康志さんとその女性は交際を続けていたが、その女性が別な男性を好きになってしまい、康志さんと別れた。

だが、康志さんが再婚をしたと聞いて、またアプローチをかけてきたようだ。



まったく身勝手である。

典子さんもこの内容を知り、愕然としてしまった。



また克典君も犠牲者である。



結局、典子さんは再び離婚をする事となった。



康志さんもその女性も、他人の人生を何だと思っているのだろう。



探偵は一日も早く典子さんと克典君に本当の幸せがくることを切に願った。

夫を追い出し・・・・・・[函館 浮気調査] 2010年2月19日

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。


山田 博さん(35歳)は函館在住の会社員。

妻 美幸さん(37歳)はスーパーのパートをしている。

子供は長男 裕也君(3歳)の3人家族。



博さんからご相談いただいた内容は、妻 美幸さんからの離婚要求であった。

数ヶ月前から美幸さんの外出が増え、博さんが会社から帰宅すると同時に

友人との飲み会と言って外出するのであった。

帰宅も深夜の3時を過ぎるようになった。

博さんも美幸さんと何度も口論になった。

そんな時、美幸さんから突然の離婚の申し出。

博さんは「離婚はできない」と言ったところ、美幸さんは別居を強要してきたのである。

何度も話し合ったのだが、結局は博さんがアパートを別に借り別居に至ったそうだ。

そして美幸さんは、別居の条件として自宅アパートの鍵は置いていく事と、

自宅アパートには近づかない事を約束させる強引なものであった。



その後探偵は博さんから妻 美幸さんの現状の行動調査の依頼を頂いた。



早速、翌日から調査を開始する。

美幸さんは仕事が終わると裕也君を保育所に迎えに行く。

途中、スーパーに買い物をして自宅アパートに帰る。

帰宅状況に違和感は無かった。

午後9時、一台の車が自宅アパート裏に駐車する。

その車を降りた男性が妻のいる自宅アパートに入った。



探偵はその後、張り込みを継続する。

その男性が出てきたのは翌日の午前6時であった。

なんと博さんの自宅アパートの泊まっていったのであった。

探偵はその後も調査を続けるとともにその男性の身元調査を進めた。

その男性は美幸さんの職場の上司であった。



博さんが別居をしてから週に何度も泊まりにきていた。

その男性は週末など金曜日から泊まり月曜日に自分の自宅に帰るようになっていた。

探偵は博さんに以上の状況を報告した。

博さんは悔しさから震えながら報告を聞いていた。

探偵と博さんは今後の方向性を決めるため何度も話し合いをした。

探偵は博さんに弁護士を紹介し、弁護士からその男性に対しての慰謝料の請求と妻 恵美さんとの交際中止の要求をしたのであった。



その男性は慰謝料の請求と交際中止を一応は了解した。

美幸さんは、逆切れし開き直った。

一向に美幸さんとの話し合いは進まない。



だが夫を強引に追い出し、裕也君もいる自宅に浮気相手を泊まらせる。

この美幸さんの行動にどのような言い訳ができるのだろう。



浮気にも最低限のルールはあると思うのだが・・・



博さんはあまりの事態に疲れ果て、当面の別居を決め、

今後についてはゆっくりと考えていくそうである。