アイシン探偵事務所TOP >> 調査事例

調査事例

捨ててみてわかる大切なもの[札幌 失踪人捜査]

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。


 

札幌市の今井里美さん(51才)から当社無料電話相談にご相談を頂いたのは深夜3時のこと
でした。 里美さんの緊迫した声から、すぐに詳細をお聞き致しました。

相談内容は夫 今井博志さん(52才)が家出をしたとのこと。
博志さんは、父から継いだ内装会社の社長。 社員は2名の博志さんを含め3人の会社。

ご相談を頂いた前日、朝、仕事に行くと言ってお弁当を持って出て行った。

午後、里美さんが博志さんの携帯電話に電話したところ、電源が切られている。予定の仕事
現場にも行っていない。 自宅のご主人の机の中に一通の手紙。
内容は「探さないでください。 必ず連絡をします」というもの。


親戚、ご主人の友人など心当たりを連絡したが手がかりがない。
すぐに家出人捜索願いを警察に出した。

警察では、「成人の方が自らの意思で失踪した場合は、積極的な捜査はなかなかできません。
事件性があれば別ですが。」とのこと。

会社も博志さんが経営から実務まで行っていたので大変になる。
なにより、博志さんのことが心配でならない。

家族とも話しあった結果、博志さんの性格を考えても、余程の覚悟の上の行動と考え、やはりプロ
の探偵社に依頼をするとの結論になり、深夜のご相談に至ったのである。

その後、当社にご家族も含めご来社頂き、調査依頼となった。
すぐに調査員を集め、調査の方向性、調査方法の確認などを行い、調査を開始する。

まずは3名の調査員を市内のホテル、ビジネスホテル、カプセルホテル、サウナ、漫画喫茶などなど
の聞き込み、および手配書の配布。

博志さんは車に乗って失踪しているため、深夜は車を駐車しそうな24時間営業のスーパーなどを
徹底的にパトロールを行う。

調査開始から1週間になろうとする日、当社に目撃情報が入る。
情報場所は市内から30キロほど離れている道の駅の売店の店員さんから。
「今、売店で買い物をしたとのこと。服装も手配書に書かれているものと一致しています。」という。
さっそく、調査員が現地に向かうと同時に、依頼人の奥様に連絡を取る。

調査員が現地に着くと、駐車場にてご主人の車を発見すると同時に、ベンチに座ってパンを食べて
いるご主人を確認する。

まもなく奥様も到着し、ご主人の姿を当社の調査車両から確認する。

その後、奥様と協議をし、ご主人の行動を2日間ほど調査することにし、奥様をご自宅に送る。

2日間のご主人の行動は夜は道の駅で車中泊し、日中はパチンコ店に行き、その後、銭湯に入る。
また、夕方から道の駅で過ごしていた。

異性との接触もなく、また何かに脅えている様子でもなかった。
ご主人を発見してから3日目、奥様がパチンコ店にいるご主人に声をかける。

うなだれるご主人、泣きながら話をする奥様。
その後、ご主人も納得をし、当社の車両にてご自宅にお送りする。

翌日、奥様よりご連絡を頂き、ご主人のお話されていることをお聞きした。

「とにかく、仕事に疲れていた。 自分のこれからの人生に希望がもてなかった、だけど、
家を棄ててみて、家庭の大切さがわかった。心配をかけてすまなかった。」
と言ってくれたそうです。

    
「棄ててみてわかる大切なもの。 だけど棄ててはならない大切なもの。」

今後、二度とこのようなことがこの夫婦におこらないことを願う探偵でした。

タグ:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

アイシン探偵HOME