アイシン探偵事務所TOP >> 調査事例

調査事例

前住人の盗聴事件[苫小牧 盗聴調査]

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。


 

苫小牧市の小林美由紀さん(29才)は看護師で某病院に勤務している女性。

現在はお付き合いしている男性もいなく、仕事とスポーツクラブに通う日々を過ごしていました。

7月の某日、当社無料電話相談に美由紀さんからのお電話を頂きました。

内容はいたずら電話。
美由紀さんが自宅マンションに戻るとすぐに固定電話がなるそうです。
「お帰りなさい、お疲れ様、いつも君のことを見ているよ」「昨日、帰らなかったのは彼氏のとこ
ろに泊まったの?」 などなど。
自宅に戻ると1分もしない間に電話が鳴るので非常に、不気味で、また恐怖であるとのこと。

相談員はまずは盗聴・盗撮器の調査をご案内し、調査依頼になりました。

翌日、美由紀さんの自宅マンションに行き、盗聴・盗撮調査を行いました。
盗撮器はありませんでしたが、やはり盗聴器の設置を確認いたしました。

美由紀さんと相談の上、あえてすぐに盗聴器を取り外さず、犯人の特定をすることにしました。

我々探偵は、発見した盗聴器のタイプが電波式(他に携帯電話を使用した盗聴器もある)
であったため、美由紀さんの自宅周辺で不審な人物の特定を致しました。

やはり、美由紀さんの自宅マンション付近のコンビニエンスストアの駐車場に、無線器を持ち、
耳にイヤホンをして、車に乗車している男性を確認し、その男性を数日間マークしました。

その男性は美由紀さんが住んでいるマンションの元住人で美由紀さんの前に住んでいた。

自分が引っ越す前に遊び心で盗聴器を設置して、引っ越しをしていったとのこと。
次に住んでいる女性が美由紀さんのような若い女性だとわかり、ある方法で美由紀さんの
自宅固定電話を調べての行為だった。

我々探偵は、美由紀さんに以上のことを報告し、美由紀さんに警察への被害届を提出して
いただき、調査を終了した。

タグ:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

アイシン探偵HOME