アイシン探偵事務所TOP >> 調査事例

調査事例

まさか妻の実家に・・・[小樽 浮気調査]

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。


 

小樽市在住の夫 小形利光さん(29歳) 妻 八重子さん(27歳) 長男 利信君(5歳) 夫の母 幸子さん(58歳)の4人家族。

5月のゴールデンウイーク明けに夫、利光さんよりご相談を頂いた。
内容は妻からの突然の離婚要求である。妻の離婚理由は「もうあなたの事が好きではない」「自由がない」などのこと。
また、子供の親権は絶対に渡さないとの主張である。


夫の利光さんも離婚については承諾できても、親権は渡したくない。
そこで、知人に弁護士を紹介され、相談に行ったところ、その弁護士に「親権は妻が主張している限り、諦めるしかない」との回答。
何のアドバイスもしてもらえず、落胆してしまった。
その後、友人の紹介で当社にお電話を頂いたのである。

そこで、相談員がよく、お話をお聞きしたところ、夫婦仲は良くなかったものの、あまりにも突然の離婚要求で、まずはその点を調査することになった。
妻の日常の行動は月曜日から金曜日まで午前10時~午後2時の間、レストランにてウエイトレスのアルバイト、その後、長男を保育所に迎えに行く。
土曜日の朝から日曜日の夜までは札幌市の自分の実家に長男を連れて里帰りである。

早速、妻の行動調査である。日常の妻の行動についての異常はない。
だが、週末の札幌の実家で、若い男性と妻が仲良く出てきて、近くのコンビニに買い物に行ったのである。

その翌週も妻の実家から、妻と長男、その男性が出てきて、一緒に公園で遊んでいる。

また、妻が実家にいない日も、当たり前のようにその男性が妻の実家を出入りしている。
調査を進めると、その男性は元ホストで、妻が飲みに行ったときに知り合い、なんと妻の実家に居候になっていたのである。

妻の両親公認の浮気である。

そこで当社の顧問弁護士を介し、妻、その男性に対して慰謝料の請求と親権放棄を請求する。
結果として、親権を夫に渡し、慰謝料は不問にすることで合意に至った。

後日、当社に夫と長男が公園で仲良く遊ぶ写真が送られてきました。

タグ:

コメントは受け付けていません。

アイシン探偵HOME