アイシン探偵事務所TOP >> 調査事例

調査事例

浮気相手はなんと・・・[帯広 浮気調査]

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。


 

帯広市に在住の夫 岩崎 敏夫さん(36歳) 妻 良子さん(33歳) 長男 一樹君(11歳) 次男 祐樹君(9歳)の4人家族。

夫 敏夫さんからのご相談は妻からの突然の離婚調停の申し立てについてであった。
良子さんは2年前に一度、浮気をしており、夫との話し合いで「今後、その男性との交際は一切しない」との合意をしている。
だが、その後の夫婦関係についてはギクシャクしており、家庭内別居に近いものであったようだ。

また、最近パートに出てからの行動も飲み会や残業などが多く、違和感があったようだ。


離婚調停においての良子さんの要求も非常に一方的で「養育費は2人の子供に対して合計10万円」「財産が無いため引越し費用その他の経費として200万円」とのこと。

敏夫さんと綿密な打ち合わせを行った後、調査依頼となった。 

まず、良子さんの行動調査をし、浮気などの不貞行為が無いのか?
また、以前の浮気相手の男性との交際状況。
その中で「奥さんの原因があればその事柄についての明確化および証拠取得」

早速、良子さんの日常の行動調査を開始する。
当初は以前の浮気男性との交際を想定していたが、その男性はすでに結婚をしており、良子さんとの接触はない。

そこで、継続して良子さんの行動調査を続ける。
気になる点がでてきた。

良子さんがパート先のアルバイトの高校生を頻繁に車で送って行くのである。
また、その高校生の自宅に送って行くと、そのまま高校生の自宅に入っていくのである。

勤務が休みの時も、その高校生の自宅に入り浸る状況。敏夫さんに「女友達と飲みに行くと言っては深夜まで高校生の自宅に行く。高校生の家族は、父、母、本人、弟の4人である。

調査結果としては、良子さんとその高校生は性的な関係も含めて交際をしていた。

探偵も絶句であった。
年齢も15歳離れており、一方は子供が2人もいる主婦、相手は17歳の高校生。常識的にはありえない組み合わせである。

敏夫さんは当社紹介の弁護士に委任をし、良子さんと高校生に対しての慰謝料の請求と子供の親権の要求である。
結果として良子さんは慰謝料を支払い、高校生は未成年であり支払い能力が無いため、親の管理不足の迷惑料としての支払いで合意がなされた。

現在は敏夫さんが実家に戻り、両親の協力を得ながら、長男、次男と暮している。

探偵も敏夫さんの心の傷が癒えることを願わずにはいられない依頼であった。

タグ:

コメントは受け付けていません。

アイシン探偵HOME