アイシン探偵事務所TOP >> 調査事例

調査事例

どうしても単身赴任の訳・・・[旭川 浮気調査]

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。


 

旭川市に在住の岸本 修さん(45歳)、 妻 典子さん(41才)、長男 一也君(12歳)、次男 裕也君(9歳)の4人家族。夫 修さんは大手の運送会社の支店長。

8月の中旬、妻の典子さんより、当社無料相談室にお電話を頂いた。

今年の4月に夫 修さんが滝川市の営業所に転勤になった。
旭川から滝川は、高速道路を利用することにより、十分に通勤できる距離である。会社側も高速道路利用の経費は負担してくれる。
だが修さんは、滝川にアパートを借り、単身赴任をしている。

最初は毎週日曜日には自宅に戻って来ていたが、だんだんと帰ってこなくなり、最近では月に1度の帰宅である。

また、友人から夫 修さんの女性関係の噂が耳に入ってきたようです。

そこで当社に、夫の単身先での行動調査の依頼となった。

早速、調査を開始する。
勤務は午後8時には終わり、その後コンビニなどに寄りアパートに戻る。
特に行動に問題はない。

休日の土曜日、朝から車に乗り出掛ける。
高速道路に乗り、旭川まで行く。 探偵は妻の待つ自宅に戻ると想定したが、到着したのは、とある公営団地。
車から降り、その団地2階の家に入る。

数時間後、修さん、女性、男の子2名の4人で出てくる。
ある大型スーパーの駐車場に到着し、車を降りて店に入る4人。
まるで親子のようである。
子供の年齢も自分の子供と同じような年頃である。

探偵も困惑をする。

その日は修さんが、その女性の家に宿泊をし、翌日の日曜日夕方に滝川のアパートに帰った。
妻の待つ自宅には戻らずに。

調査を進めていくと、その女性は元の旭川の営業所に勤務している、バツイチ 子持ちであった。
なんとその女性の子供達の年は、自分の子供達と同じ年であった。

修さんは、転勤前からその女性と交際をしており、転勤を機に交際が、更に深くなっていったようである。

妻 典子さんのショックは大きかった。
浮気だけでも辛いのに、自分の子供達を置き去りにして、浮気相手の女性と、その子供達と擬似親子関係をしていたのである。

探偵もアドバイスに困ってしまった。

現在は当社紹介の弁護士を通じ、離婚と慰謝料、相手女性に対しての慰謝料請求を申し立てている。

探偵も非常に辛い調査であった・・・・。

タグ:

コメントは受け付けていません。

アイシン探偵HOME