アイシン探偵事務所TOP >> 調査事例

調査事例

車中泊と言い張る夫・・・[苫小牧 浮気調査]

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。


 

千歳市在住の夫 松本 一成さん(33歳)妻 恭子さん(32歳)長女 美緒ちゃん(2歳)の3人家族。

妻の恭子さんより、当社無料電話相談室にご相談をいただいたのは、札幌も暖かくなってきた6月である。相談の内容は、夫 一成さんからの突然の離婚要求についてである。
松本さん夫婦は結婚8年。
二ヶ月前、一成さんから突然「お前のことはもう愛していない」「自由になりたい」「この家庭は俺にとっては邪魔なだけだ」などと言い、離婚を強引に迫ってくる状況。


そしてあろう事か、浮気相手の女性は、夫の携帯から妻にメ-ルを送りつけてきたりするような事もあった。
内容としては、『一成さんは私のことが好きなんだから、早く別れろ』という悪質なメ-ルであった。

その事を恭子さんが問い詰めると、一成さんは暴言を吐き、壁を蹴るなど、威圧するような行為をしたり、恭子さんは恐怖の毎日であった。

その数日後から一成さんは、朝6時に帰宅するようになり、着替えをして会社に出勤する。
翌日も翌々日も朝6時に帰宅する日が続く。
恭子さんが、夜は何処に行っているかを訊ねると「家に帰りたくないから車で寝ている」と言い張るのである。

恭子さんと十分に打ち合わせをし、夫の行動調査の依頼をいただいた。

早速、翌日より調査開始。
会社から退社後の一成さんの尾行を開始する。

会社の駐車場から出てきた一成さんの車が到着したのは、なんと、一成さんの自宅から距離にして3km程しか離れていない、アパ-トの駐車場であった・・・

そして、そのアパートの2階の部屋に入っていったのである。
1時間後、その部屋から女性と一緒に出てきて、スーパーに行き夕食の買い物をする。
またその女性は、先ほど探偵が張り込みをしていた一成さんの会社から出てきた女性であった。

スーパーでは仲良く手をつなぎ買い物をしている状況を確認、駐車場では、車に乗り込む前にキスをしている。

探偵は調査を進めて行く。その女性は会社の同僚であり、会社の飲み会をきっかけに親しくなったようで、夫は毎日女性のアパ-トに宿泊している状況を確認する。

現在、当社紹介の弁護士が恭子さんの代理人となり、夫に対しては、離婚及び慰謝料、養育費、財産分与について、浮気相手の女性に対しては、慰謝料の請求を行っている・・・。

タグ:

コメントは受け付けていません。

アイシン探偵HOME