浮気、離婚問題 未来の自分を創造して決断する

例えば夫の浮気が発覚する。

妻は悩んで悩み抜く。

離婚しようか・・・

このまま我慢しようか・・・

実家に帰ろうか・・・

相手の女性と話をしようか・・・

調停をかけようか・・・

別居しようか・・・

妻はたくさんの選択肢から決断しなければならない。

そして実家に帰って離婚の準備をすることにする。

だが妻は更に迷ってしまう。

やっぱり家を出なければよかったのかも・・・

もっと我慢していれば・・・

『この決断は間違っていたのかも』と後悔をしてしまう。

だが本当にそうだろうか。

仮に実家に帰らなければ夫は反省をしていただろうか。

もっと我慢していて自分の心が耐えられただろうか。

決断することは問題を解決するための大きな力になります。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題を解決するためには決断が必要です。

そして自分の決断に後悔をしてはダメなのです。

(株)アイシン探偵事務所では
函館・千歳・札幌・滝川・旭川・北見・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 札幌市ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

誰の人生も波乱万丈な道のりの途中

探偵は仕事を通じ、たくさんの人と関わらせていただく。

そして思うことがあります。

誰の人生も波瀾万丈なんだと。

またテレビ番組でも色々な人物の

波瀾万丈な人生が紹介されている。

どれも共通して言えるのは

辛かった時のことほど懐かしく話すこと。

そしてまったく平坦な人生などあるのだろうか。

今、配偶者の浮気や離婚問題で辛い思いをしている方へ。

アナタの人生はまだまだ続くのです。

そして自分の人生を振り返る日がきた時、

懐かしく思うのは今の辛い時期のことなのかもしれません。

探偵はハッキリと言います。

人生は自分が主役の小説です。

「だがこの時、私は頑張った」と物語を続けて下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
滝川・深川・旭川・帯広・北見・釧路・根室・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 深川市ホームページ

カテゴリー: 深川 | タグ: |

離婚を踏み台にする覚悟

浮気相手のところに泊まり込み、家に生活費も入れない夫。

俺の稼いだ金をどう使おうと勝手だろうと逆ギレする夫。

日中、子供を実家に預け、浮気相手と遊び回る妻。

夫が夜勤の時、浮気相手を自宅に泊らせる妻。

探偵は基本的に離婚を勧めません。

離婚は最後の最後の選択だと思っているからです。

ですがどうしても離婚を選択しなければならない時、

自分に言い聞かせてほしいことがあります。

「この離婚は私が幸せになるためにするのだと」

離婚にはやはりネガティブなイメージがあります。

自分の人生設計が大きく変わるのですから

当然かもしれません。

だが未来は分からないのです。

離婚が引き金となって幸せの歯車が回り出すのかも。

探偵はハッキリと言います。

悩み決断した離婚ならその時点から前向きに捉えて下さい。

これは幸せになるための離婚なんだと・・・・

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・北見 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 旭川市ホームページ

カテゴリー: 旭川 | タグ: |

浮気とコンプレックス

「なぜ人は不倫するのか」を漠然と考える。

単純に性的欲求、家庭不和など様々な要因があるのだろう。

探偵は不倫にはしる人の大きな要因として

「コンプレックス」が関与しているように思う。

不倫する人たちをたくさん見てきている

探偵は当事者の大きく、根深いコンプレックスを感じる。

「俺は妻がいながら若い女性とも付き合える」

「僕は何人もの女性に好かれている」

「彼女には僕が必要なんだ」

本質的に自分に自信が持てない人が

不倫において自己肯定をしようとする。

このようなケースが多いように感じる。

だが不倫で得られる張りぼての自信など

もろく、すぐに壊れてしまう。

探偵はハッキリと言います。

不倫で張りぼての自信を持とうとしても

逆に全てを失うことになります。

不倫の結末はいつも不幸なのですから・・・

(株)アイシン探偵事務所では
函館・北斗・札幌・旭川・富良野・帯広・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 富良野市ホームページ

カテゴリー: 富良野 | タグ: |

浮気問題 調停から弁護士の介入のメリット

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレを繰り返す。

妻も悩んだ末に離婚を決断する。

この場合、まずは離婚調停を申し立てることになります。

基本的に裁判の前に

まずは調停をしなければならないからです。

調停は互いの主張に対して調停員を介して

合意をはかることを目的にしています。

ですから法律的な観点より

合意の引き出しやすい方向に流れることが多いのです。

つまり意志の固い当事者の主張を優先する傾向になる。

このケースのように夫の浮気が発覚し、

なおかつ夫は養育費は2万円以上は

「絶対」に払わないと主張。

夫の収入から算定する養育費がもっと高いとしても

調停員たちは夫の合意を引き出そうと

それより低い金額でも話をまとめようとしてくる。

いわゆる強い意志の当事者に流れが向いてしまうのです。

これを防ぐためにも調停から弁護士を介入させるのです。

弁護士が伴って調停に臨むと調停員たちも

法的観点から話を進めざるをえません。

また調停の段階で弁護士を用意しておけば

仮に調停が不調になれば

速やかに訴訟(裁判)に移行できます。

探偵はハッキリと言います。

調停だからこそ弁護士を用意する。

納得する離婚のためには必要なことです。

(株)アイシン探偵事務所では
北見・網走・釧路・根室・旭川・札幌・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 千歳市ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: |