作成者別アーカイブ: admin

浮気調査 証拠の必要性

例えば夫の不審な行動が続く。

妻は家族や友人に相談する。

帰ってくる答えは「浮気しているんじゃないの・・・」であった。

ここで妻は「浮気の証拠」ってどこまで必要なのかを考える。

この答えは夫の性格によって変わってきます。

例えば・・・・・・

ある適度の事実確認ができれば浮気を認める夫なのか?

客観的な証拠があれば浮気を認める夫なのか?

絶対に浮気を認めないであろう夫なのか?  等など。

以前、ラブホテルから浮気相手と手をつないで出てくる夫。

探偵が撮影した映像はアングルも完璧に撮影できていた。

だが夫は裁判になってもそれを認めない。

「自分によく似てはいるが自分ではない」と。

結局、判決ではその夫の言い分は認められず、

妻に対して慰謝料の支払いの判決が出たのだが。

浮気の証拠はどこまで必要なのか?

答えは「夫の往生際の悪さがどの程度なのか」によって変わります。

往生際の悪い夫であれば、徹底的な証拠を持っておく必要があります。

(株)アイシン興信所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・伊達・登別・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵  苫小牧市ホームページ

カテゴリー: 苫小牧 | タグ: |

悩んでいる間に事態が悪化

例えば夫の不審な行動。

あきらかに夫は浮気をしている。

妻は戸惑い、悩んでしまう。

親に相談した方が良いのだろうか・・・・

夫にハッキリと問いただした方が良いのだろうか・・・

先週の飲み会も怪しい・・・

きっと相手はあの女性に違いない・・・  等などと考えている間に日々が流れる。

だが浮気問題は日々、悪化していく。

夫と浮気相手の関係が深くなっていくのです。

だからと言って勢いで行動するのも得策ではない。

そこで悩む締め切りを決めてみてはどうでしょうか。

○月○日まで考える・・・・と。

配偶者の浮気問題はアナタにとっても家庭にとっても一大事です。

そして浮気問題は早期に対処する方が良い。

浮気問題は悩んでいる間に事態は悪化します。

でもどうして良いか悩んでしまう。

だからこそ悩む期間の締め切りを決めてしまうのです。

締め切りが来たら、勇気を持って夫に言ってください。

「浮気はやめなさい・・・・」と。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・旭川・富良野・帯広・北見・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北見市ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: |

浮気は繰り返す 「結婚で変わる」

女性関係にだらしない男性・・・・

彼女はきっと結婚したら変わってくれると期待して結婚する。

だが多くの場合、その男性は結婚しても浮気をする。

ギャンブル好きな男性・・・・

やはり結婚してもギャンブルはやめられない。

彼女に暴力をふるう男性・・・・

結婚して子供ができても暴力はやめない。

テレビドラマの展開で結婚して別人のような変わり、

真面目になるということは探偵が見る現実世界にはあまりない。

探偵はハッキリと言います。

「結婚したらきっとあの人は変わってくれる」という楽観論で

結婚を決断するのは危険です。

「人は結婚では変わらない」が探偵の実感です。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・旭川・北見・釧路・根室  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 帯広市ホームページ

カテゴリー: 帯広 | タグ: |

浮気調査  悩みを書き出す

例えば夫の浮気問題が発覚する。

信じていた相手の裏切りだけに妻は苦悩する。

だが浮気問題は悩んでいても解決はしません。

やはり今後のことを考えなくてはならない。

そのような状況の時、「今、何を悩んでいるのか?」を

書き出してみてはどうでしょうか?

夫を許せるのか?

離婚したいのか?

離婚後、収入はどうするのか?

子供を引き取れるのか?

養育費はどうするのか?

別居をした方が良いのか?

漠然と悩んでいると一体、自分は何に悩んでいるのかも分からなくなる。

悩みを書き出してみて、答えの出るものもある。

また更に考えなくてはならないこともある。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚・・・・・

一体、自分は何を悩んでいるのかを書き出してみる。

アナタ自身の本当の答えが出てくるかもしれません。

(株)アイシン探偵では
札幌・函館・北斗・石狩・留萌・稚内・紋別・網走・釧路  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵  釧路市ホームページ

カテゴリー: 釧路 | タグ: |

浮気調査  口を揃えて言う通らない言い訳

浮気がバレタ時の往生際が悪くなってきている。

私が探偵になったころは浮気がバレルと「ごめんなさい」が多かったが、

最近は色々な言い訳をまずしてくる。

例えば夫の浮気。

ホテルに行ったが浮気はしていない・・・

一緒に旅行には行ったがセックスはしていない・・・

Bまでしかしていない?・・・・

何が何でも「言い訳」をしてくる。

仮に探偵が調査を行っており、客観的な証拠を

妻が持っているのが分かると今度は定番の言い訳をしてくる。

「すでに婚姻関係は破たんしていた・・・」と。

確かに何年も別居をしていたり、完全なる家庭内別居を

続けていたのであれば,その主張はあながち間違いではない。

裁判では婚姻関係が破たんしていた場合の

慰謝料などは認めないケースが多い。

だがもう一方で「婚姻関係が破たんしていた」は浮気をした免罪符でもない。

つまり普通に生活をしていて浮気がバレタ時に

「僕たち夫婦はすでに婚姻関係が破たんしていた」は通らないのです。

夫の浮気が発覚・・・

夫は「すでに婚姻関係は破たんしていた」などと言ってきたとき、

アナタは強く夫に言ってください。

「婚姻関係は破たんなどしていない」と。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域での調査を承っております。
(株)アイシン探偵事務所  旭川市ホームページ

カテゴリー: 旭川 | タグ: |