作成者別アーカイブ:

浮気調査 弁護士の倫理観?

例えば妻の浮気が発覚する。

夫が妻に浮気を問いただすと妻は逆ギレし、実家に帰ってしまう。

数日後、夫の元に妻の代理人と称して弁護士から書面が届く。

内容は夫にとっては腹立たしいものであった。

1.妻には今後、連絡をするな。

2.妻の浮気は夫婦関係が破たんした後であり、浮気に関する責任はない。

3.速やかに離婚に応じなさい。

まるで悪いのは夫であり、妻は被害者であるがのごとく書いてある。

妻の弁護士は夫が法律には無知であることに付け込んで

一気に押し切ってしまおうとの思惑も含んでいるのだろう。

実際、このように素人の相手(夫)に対して強引な文章を送り付けてくる

モラルの低い弁護士が多いのです。

さてこのような時、夫の選択肢は2つ。

1.自分も弁護士を立て、協議に入る。

2.妻の弁護士に対して直接的に感情をぶつける。

自分も弁護士を立てるのはいつでもできます。

まずは妻の弁護士に感情をぶつけてみてはどうでしょうか。

浮気をした妻が悪いのか? 浮気をされた俺が悪いと言うのか?と。

弁護士は書面に法律的な言葉をならべ強気で押してくるが、

相手が直接的に感情をぶつけてくると弱い。

何も相手が弁護士だからと恐れることは何もありません

妻の弁護士から強引な書面が送られてきたら、

その弁護士を直接訪ね、自分の感情をガンガンぶつけてください。

そこからが戦いの始まりです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・旭川・北見・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |

妻の浮気と調停で戦うには

妻の浮気問題で調停をしている方へ。

まず最初に調停員について。

調停員は法律の専門家ではありません。

教員を退職した人、現役を引退した会社経営者、

会計事務所の税理士などの人を裁判所が人選する。

いわば時間に余裕のある世話好きな人たちが調停員になる。

そして調停員の中には非常に自分の主観が強く、

公平さを欠く人物も多い。

また離婚調停の場合、妻に偏った調停を進める傾向があります。

例えば妻の浮気が発覚する。

妻は逆ギレをし、実家に帰ってしまう。

数週間後、家庭裁判所から調停の通知が夫に届く。

夫は妻が逆ギレをして話し合いにならなかったので、

調停でしっかりと話をしようと思っていた。

だが調停に行くと、まるで妻の浮気問題には関与せず、

夫に対して婚姻費用の金額を決めてこようとする。

調停員 「ご主人、毎月いくらなら婚姻費用を払えるの?」

「離婚でもめても子供が可哀想よ」

「養育費は子供に払ってあげるものよ」

早く婚姻費用を決めて、離婚後はきちっと養育費を払いましょうと

妻の浮気問題はなかったかのように調停員は夫に言ってくる。

妻からの謝罪も何もないのに

離婚後の養育費の金額をすぐに決められようとする。

これでは夫は納得できるものではない。

だが、このようなケースは実際に多いのです。

こんな時はガンガンと自分の主張をして下さい。

まずは妻の浮気問題の話し合いが先です・・・

僕はまだ離婚をするなどと言っていません・・・

妻だって収入があるのですからそんなに婚姻費用は払えません・・・

調停は寡黙でいると相手(妻)の要求が全て通ってしまうのです。

どうしてもアナタの主張が聞き入れてもらえなければ

「この調停、不調にします」と言ってください。

(株)アイシン探偵では
札幌・旭川・士別・名寄・稚内・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 旭川 | タグ: |

浮気調査 証拠だけでは解決しない

例えば、夫の不審な行動。

妻が夫に「浮気してるの?」と問いただすと、夫は逆ギレをする。

お前の疑り深いところが嫌なんだ・・・

そんなに俺を信じれないなら離婚するしかないな・・・

仕事の付き合いでそんなことを言われると・・・等など。

妻は悩んだ末に探偵に調査を依頼する。

そして探偵が夫の浮気を確認し、その証拠を得る。

妻は証拠が取れたことに安心する。

「これで夫の浮気を問いただせる」と。

だが浮気問題の解決への道は

証拠を得たところからが本当のスタートです。

妻が夫に浮気証拠を見せて、夫が素直に謝罪をすればよいのだが、

更に逆ギレをした場合はどうするのか?

その時に妻がどう対応するのか?が重要なのです。

浮気の証拠を得ることが浮気問題の解決のゴールではありません。

そこからが本当の解決へのスタートなのです。

(株)アイシン探偵では
帯広・北見・紋別・網走・釧路・根室・旭川・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 帯広 | タグ: |

弁護士の選任 自分の考えをしっかり伝える

例えば夫の浮気問題が発覚する。

夫は逆ギレ、そして開き直る。

妻は悩んだ末に当面は実家に帰ることを決断する。

そして今後について夫との交渉を弁護士に委任することにした。

ここで重要なことがあります。

弁護士には漠然とお願いするのではなく、

自分の望む方向性をキチンと伝えることです。

例えば今は離婚ではなく、婚姻費用をまずは決めたい・・・

財産分与については妥協したくない・・・

夫の浮気相手の女性は訴えたい・・・ 等など。

そして譲れるものと譲れないものを明確に伝えておくことも必要です。

慰謝料の金額はある程度、妥協できるが養育費はきちっと決めたい・・・

養育費の金額はこだわらないが、親権は絶対に自分が得る・・・等など。

探偵はハッキリと言います。

弁護士に委任する時はキチンと自分の考えを伝えてください。

そうでないと自分の思ってもいない方向で進んでしまいます。

(株)アイシン興信所では
札幌・石狩・留萌・稚内・網走・釧路・旭川・函館・北斗 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |

浮気相手の甘い言葉に惑わされる

例えばあまり妻とうまくいっていない夫。

そして夫は出会い系サイトで知り合った女性と浮気にはしる。

夫が妻とうまくいっていないことを話すと、

その女性は「私なら○○君をもっと幸せにできるよ」と甘えてくる。

夫はその言葉に背中を押され、妻と離婚をした。

だが、その女性には別に彼氏がいたのだ。

夫はそれを知って愕然としてしまう。

その女性の軽はずみで無責任な言葉に踊らされ、

離婚をして全てを失ってしまう。

このようなケースは多い。

浮気という無責任な関係の中の無責任な言葉で

アナタは全てを失いますか?

全てを失ってから後悔しても遅いのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・旭川・富良野・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 北海道 | タグ: |