カテゴリー別アーカイブ: 紋別

浮気調査 養育費の落とし穴

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は浮気相手との半同棲状態であった。

夫は妻に『養育費は可能な限り払わせてもらう』と

離婚を懇願してきた。

妻は当然、納得できない。

妻は『それじゃ養育費を毎月10万円を払いなさい』と要求する。

夫の給与を考えると当然、払える金額ではない。

だが夫はその金額を承諾する。

妻は話し合いの流れで離婚を承諾した。

当然、養育費の取り決めは公正証書にしたのだが・・・

数か月は毎月、養育費が払われていたのだが、

半年後、夫からの養育費減額の調停がおこされた。

理由はその時の浮気相手と結婚し、子供ができたためであった。

離婚を焦っていたのもその女性が妊娠していたため。

そして妻の要求通りの養育費を承諾したのも

後で養育費減額の調停をおこすことを想定していたのだ。

結論から言えば夫の養育費の減額は認められた。

養育費の取り決めには様々な落とし穴があります。

その点を十分に考慮して養育費を決めて下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・留萌・稚内・紋別・網走・釧路・千歳・室蘭・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 紋別市ホームページ

カテゴリー: 紋別 | タグ: |

浮気問題と自分の本音

例えば夫の浮気が発覚する。

妻は今後について色々なことを決めかねていた。

そして様々な人に相談をする。

友人には「別れたいけど子供のことを考えると・・・」

親には「絶対に許せない、今すぐにでも別れたい・・・」

姉には「顔も見たくない、早く家を出たい・・・」等と。

周りの人たちはそれが本人の希望だと思う。

だが実際は全く違うのです。

夫に対しての執着心がたくさんあるのです。

探偵は何度も妻に聞いたのです。

「本当に離婚の方向で良いのですか?」

「離婚して後で後悔しませんか?」

「本当にいいんですか?」と。

すると妻はだんだんと言葉が変わってきた。

「少し迷ってきています」

「別れない方が子供のためには良いですか?」

「私、本当は別れたくないのです」

相手に対しての意地や悔しさから

自分の心を偽ることは危険です。

例えば調停をした時も本心ではなくとも

「離婚」を望むと言えばその方向で動いてしまうのです。

探偵はハッキリと言います。

浮気問題に直面した時に一番に重要なことは

アナタが自分のホンネを正直に出すことです。

意地や悔しさは後回しなのです。

(株)アイシン探偵事務所では
帯広・北見・釧路・根室・網走・紋別・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 紋別ホームページ

カテゴリー: 紋別 | タグ: |

月のパワーを借りる

探偵の仕事はやはり夜が主体になる。

繁華街のビルの前・・・・

ラブホテルの出口・・・・

住宅街のマンション入り口・・・・

色々な場所で身を隠し、張り込みをする。

いつ出てくるか分からないマルタイを張り詰めた状態で待つ。

調査が終了し、自宅に帰る頃は深夜。

だが自宅に帰ってもその緊張が取れない。

そんな時、探偵は月を見てから布団に入ります。

月を見ると張り詰めたものが抜けていく。

理由は分からないがとにかくそうなのです。

探偵はハッキリと言います。

月には不思議な力があります。

今、様々な悩みで心が疲れきっているのであれば

月を見て下さい。

不思議にゆったり寝れるはずです。

(株)アイシン探偵事務所では
網走・紋別・釧路・根室・札幌・恵庭・室蘭・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 紋別市ホームページ

カテゴリー: 紋別 | タグ: |

浮気問題 離婚したいばかりに・・・

当社は紋別市を含め、
北海道全域で様々な調査を承っております。

例えば夫の浮気が発覚する。

離婚を前提に調停にて話し合いを続ける。

夫はとにかく早期の離婚を要求してくる。

「慰謝料は分割で要求額を払う」

「養育費も要求額を払う」と

妻側の要求を承諾するのである。

妻も結局、離婚を承諾し、調停において離婚が成立する。

だがこれは夫の罠であった。

なんと浮気相手の女性が妊娠をしていたのだ。

夫はそのためにも早く離婚を成立させたかったのだ。

3ヶ月後、妻の元に養育費減額調停の申し立て通知が届く。

元夫が結婚ならびに出産のため、

支払い能力低下においての養育費減額の要求であった。

当初の養育費の金額事態が

妻の要求金額であったため相場より高めの設定であった。

その後、調停で元夫の要求はほぼ認められた。

おそらくこの元夫は最初からこの計画だったのだ。

・浮気相手が妊娠して早く離婚を成立させたい。

・妻側の要求を全て受け入れる態度を取る。

・その後、浮気相手と結婚、そして出産。

・養育費の減額請求を申し立てる。

探偵はハッキリと言います。

離婚においては思いもつかない罠があるかもしれません。

くれぐれも様々な方向性を視野に入れて下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
北見・紋別・網走・釧路・根室・札幌・恵庭・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 紋別市ホームページ

カテゴリー: 紋別 | タグ: |

浮気問題 離婚の取り決めは公正証書にする

例えば夫の浮気疑惑・・・

探偵社に依頼し、浮気状況を確認し、証拠を得る。

その後、夫婦間の話し合いや家族を交えての協議をする。

ここで重要なことが、お互いの合意事項を公正証書にすることです。

「 覚書 」 「 念書 」 「 誓約書 」は口約束に等しいものです。

養育費や面接交渉、慰謝料の金額と支払い方法などは

公証人役場に行き、「 公正証書 」にすることが大切です。

公正証書にしておけば相手が約束事を履行しない場合、

裁判をせずとも給与などの強制執行が可能になるのです。

後で煩わしい思いをするより、必ず公正証書にしておきましょう。

(株)アイシン探偵事務所 では
釧路・根室・網走・紋別・北見・帯広・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 紋別市ホームページ

カテゴリー: 紋別 | タグ: |