カテゴリー別アーカイブ: 名寄

浮気問題  すぐに愛を語る男

探偵はたくさんの浮気をする夫たちと関わってきました。

そして浮気をする夫たちには共通する傾向があります。

それは、すぐに愛を語ることです。

僕は君を一目見た時から愛してしまったんだ・・・・

何を失っても君の愛だけはなくしたくないんだ・・・・

こんなに女性を愛したのは始めてだよ・・・・

だが、すぐに愛を語る人は、その愛に責任を持たない。

愛をすぐに語る人は、「もう愛していない」と簡単に言うのです。

もう、僕は君のことを愛することはできない・・・・

僕は君ではなく、彼女を愛しているんだよ・・・・

そして簡単に「別れ」を迫ってきます。

探偵はハッキリと言います。

アナタの近くにすぐに愛を語る人がいたのなら、

不注意に近づいてはダメです。

すぐに愛を語る人は

「愛という責任」を分かっていません。

(株)アイシン興信所では名寄市を含め、北海道全域で
浮気調査・素行調査・不倫調査・家出人調査・盗聴調査・結婚調査 ほか
様々な調査を承っております。


(株)アイシン興信所 名寄市ホームページ

カテゴリー: 名寄 | タグ: |

浮気を許さないと言い切る

例えば夫の浮気が発覚する。

妻がその時、どう対応するのかは

個々の状況によって変わるのだろうと思います。

夫婦の収入・・・・

夫婦の貯金・・・・

子供の年齢・・・・

夫の仕事・・・・

妻の仕事の有無・・・・ 等などによって対応が変わります。

ですが一つだけ普遍の原則があります。

「ダメなものはダメ」と言えること。

夫婦の関係は様々な人間関係の中で

唯一、ホンネをぶつけあうことのできるもの。

また人生というものに対して運命を共にするもの。

その関係において「ダメなものはダメ」と言えないのでは

夫婦の根底から崩れてしまうのです。

仮に夫の浮気問題において、

物分かりの良い妻を演じることで

その浮気が解決するのかどうか?

探偵はハッキリと言います。

私は「その浮気は許しません」と

言い切るところから全てが始まるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
名寄・士別・旭川・北見・釧路・根室・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 名寄ホームページ

カテゴリー: 名寄 | タグ: |

浮気問題 長い単身赴任の結果

子供の就学のためや持家を持ったためなど

色々な要因があるのだが、

いずれにしても夫が転勤した場合、

基本的に単身赴任が当たり前になったようだ。

だが単身赴任にはやはり家庭崩壊のリスクがある。

探偵はやはり夫婦は一緒に生活するべきだと考えています。

ある調査での話。

夫は15年間、単身赴任をしていた。

当初は子供が小さいからと夫が単身赴任をしていたが

子供も家を離れたのだが、

妻は夫の赴任先での生活をしようとしなかった。

数年間は夫もお盆、正月は妻の元に帰ってきた。

だがそれも赴任10年目になるとなくなった。

数年後に定年を迎える夫から一通の手紙が妻に届く。

「離婚をしてくれ」との内容であった。

その手紙を見た奥さんが探偵に依頼をされたのだ。

探偵がご主人の生活状況を調べて驚いた。

別の女性と一緒に暮らしていた。

ご近所に聞き込みをして更に驚いた。

ご近所ではこの二人は夫婦ということになっていたのだ。

「仲の良いご夫婦よ」

「いつも夫婦でお買い物しているわ」等など。

奥さんはその状況を知って怒り、落胆した。

後日、奥さんはご主人と話し合いを持った。

そして二人は離婚を選択した。

でもこの夫婦がもう少しだけ早く、

互いの存在を確認しあっていたのなら

離婚をしなくてすんだのかもしれない。

探偵はハッキリと言います。

できれば単身赴任などしない方が良い。

夫婦はやはり一緒に生活すべきなのです。

どうしても単身赴任しなければならない時は

いつも互いの存在を確認しあってください。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・函館・旭川・富良野・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977


(株)アイシン探偵事務所 名寄ホームページ

カテゴリー: 名寄 | タグ: |

離婚問題 必ず公正証書。

離婚には3つの離婚があります。

1.裁判での判決離婚

2.調停離婚

3.協議離婚

このうち協議離婚が離婚全体の95%になります。

裁判離婚での判決や調停での離婚合意書などがある場合は

問題はありませんが、協議離婚の場合は注意が必要です。

例えば夫の浮気が発覚する。

妻が浮気を問いただすと夫はあっさりと事実関係を認める。

そして妻が離婚を決意する。

離婚にあたって妻が夫に条件を要求した。

慰謝料は300万円、養育費は月4万円。

夫は慰謝料はいっぺんに払えないので

毎月5万円、養育費4万円の合計9万円を払うと約束。

そして後日、離婚が成立。

だが夫は何の支払いもしてこない。

妻が夫に連絡すると夫は「何のことですか」と言ってくる。

妻が「約束を守ってよ」と言っても

夫は「何の約束ですか」としらばっくれる。

妻は大きなミスをおかしていました。

公正証書にしていなかったのです。

仮に離婚後に調停を申し立てて、

養育費を取り決めすることはできる。

だが慰謝料の請求は非常に困難である。

探偵はハッキリと言います。

協議離婚においての約束事は

必ず公正証書にしてください。

公正証書にしておけば、相手が支払いを滞った場合、

相手方の給与の差し押さえなどが可能です。

(株)アイシン探偵事務所では
滝川・深川・旭川・名寄・釧路・札幌・稚内・留萌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977


(株)アイシン探偵事務所 名寄ホームページ

カテゴリー: 名寄 | タグ: |

浮気離婚問題 金勘定は後回しの覚悟

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は名寄市を含め、
北海道全域で様々な調査を承っております。

配偶者の浮気が発覚する。

探偵社に調査依頼をして、浮気の証拠を得る。

アナタを裏切った配偶者は言い訳と開き直り。

アナタはさらなる怒りが沸いて慰謝料を

徹底的に取ってやると思う。

だがここが勝負の分かれ目です。

相手から取る慰謝料の金額を計算しすぎてしまうと

相手はアナタをなめてきます。

「所詮、金が欲しいのかと」

またアナタが委任した弁護士もアナタが慰謝料の金額が

優先順位の一番だと思うと示談を模索する。

まずはアナタの怒りの感情を優先させる。

「 ふざけたことを言っていると裁判にするぞ 」

「 慰謝料の前に事実関係をはっきりさせる 」等など、

アナタの怒りをぶつける。

そのような強い思いと態度が相手は怖いのです。

慰謝料の金額などのそろばん勘定など後回し・・・・

浮気問題の話し合いはなめられたら負けなのです。

(株)アイシン探偵事務所 では
北見・釧路・帯広・旭川・留萌・稚内・札幌・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 名寄ホームページ

カテゴリー: 名寄 | タグ: |