カテゴリー別アーカイブ: 三笠

浮気調査事例  PTA不倫

浮気調査事例

Aさん(48歳)妻 B子さん(46歳)長男(13歳)、次男(9歳)の4人家族。

夫のAさんは保険代理店を経営している。

また、中学校のPTA会長を4年間に渡りしている。

妻のB子さんから当社無料相談室にご相談を頂いた。

相談内容は、AさんがPTAの会合といって度々飲みに出掛ける。

最近は午前3時を過ぎることもある。

B子さんがAさんの携帯電話のメ-ルで予測変換を見ると

「愛している」「楽しかったよ」「君のことが」「胸が苦しい」などの言葉が並んでいる。

時折、切ない表情でため息などをつくそうである。

B子さんとしてはやはり正確な状況を把握したいとの事で、依頼となった。

調査開始である。

依頼を頂いたその週の金曜日、

PTAのバザーの打ち合わせと言って、Aさんが出掛けて行く。

午後7時から居酒屋において、Aさんを含めて7人ほどが集まり、

会食をかねての打ち合わせである。

Aさん以外は全て、女性である。

探偵も同じ居酒屋に入り、観察しているとAさんはモテモテの状態。

その居酒屋を出たのが午後10時を過ぎてから。

店の前で解散をしたが、少し歩いた路地で

先ほどの宴会に出席していた30代の一人の女性と合流し、タクシーに乗車。

なんとホテルに行ったのである。

探偵がホテル前で張り込みを続けていると、

3時間後にAさんとその女性が出てくる。

Aさんが自営業のため、日中の行動調査を進めて行くと、

なんと別の女性とホテルに行ったのである。

その女性も先日のPTAの会合に来ていた女性であった。

更にある土曜日、Aさんが出張と言って出掛けたが、

あるドラックストアで女性を助手席に乗せたのである。

その女性も先日のPTAの会合に来ていた別の女性である。

探偵も絶句である。PTAって何?

そのまま車は走り出し、2人で札幌に到着。

あるホテルのツインルームに部屋を取り宿泊。翌日、帰宅する。

登場した3人は全て、家庭のある女性で、PTAの役員である。

以上を妻 B子さんに報告をさせていただいた。

B子さんもあまりの状況に混乱してしまった。

現在、当社紹介の弁護士と離婚にむけて協議中である。

※ 今、配偶者の浮気問題などで悩まれている方の
解決の糸口になってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵  三笠市ホームページ

カテゴリー: 三笠 | タグ: |

夫の浮気、妻の浮気

以前の浮気調査は妻からの依頼で

夫の浮気調査がほとんどであった。

探偵は明らかに時代の変化を感じる。

もう一つの変化がある。

妻は夫の浮気が発覚した時に

あらゆることに『決断』ができる。

離婚を前提に夫と話し合う決断・・・

離婚になっても生きて行く決断・・・

子供を引き取って離婚をする決断・・・

夫は妻の浮気が発覚した時、

全てにおいて『未練』が優先してしまう。

離婚することによる妻に対しての未練・・・

家庭に対しての未練・・・

持家に対しての未練・・・

男(夫)はズバッと決断し、女(妻)は未練を残す。

これは現在においてはまるで逆なのです。

女は男性的になり、男は女性的になっていくのを

探偵は肌で感じている。

だがここに矛盾が生じてしまう。

社会は男(夫)には男のくせにと男らしさを求める。

女(妻)は女性なんだからと奥ゆかしさを求められる。

難しい世の中になってきたものです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・砂川・岩見沢・三笠・滝川・旭川・富良野・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 三笠市ホームページ

カテゴリー: 三笠 |

探偵会社 三笠市 浮気問題~悩んでいる間に事態は悪化

例えば夫の不審な行動。

あきらかに夫は浮気をしている。

妻は戸惑い、悩んでしまう。

親に相談した方が良いのだろうか・・・・

夫にハッキリと問いただした方が良いのだろうか・・・

先週の飲み会も怪しい・・・

きっと相手はあの女性に違いない・・・  等などと考えている間に日々が流れる。

だが浮気問題は日々、悪化していく。

夫と浮気相手の関係が深くなっていくのです。

だからと言って勢いで行動するのも得策ではない。

そこで悩む締め切りを決めてみてはどうでしょうか。

○月○日まで考える・・・・と。

配偶者の浮気問題はアナタにとっても家庭にとっても一大事です。

そして浮気問題は早期に対処する方が良い。

探偵はハッキリと言います。

浮気問題は悩んでいる間に事態は悪化します。

でもどうして良いか悩んでしまう。

だからこそ悩む期間の締め切りを決めてしまうのです。

締め切りが来たら、勇気を持って夫に言ってください。

「浮気はやめなさい・・・・」と。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・小樽・函館・北斗・旭川・富良野・帯広・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

カテゴリー: 三笠 | タグ: |

探偵会社 三笠市 浮気問題~信じたい願望

例えば夫の不審な行動。

急に帰宅が遅くなり、また休日も仕事と言って家を出る。

また携帯電話でコソコソとメールをしている。

誰に相談しても「浮気しているんじゃないの」と答える。

だが妻は夫を信じたい。

本当に仕事が忙しいのかもしれない・・・

休みも仕事に行って頑張ってくれているんだわ・・・

でもやっぱり疑わしい・・・

人はこの葛藤が辛いのです。

信じている相手だけに浮気などしていないと思いたい。

だけどやっぱり怪しい。

ここで妻の選択肢は2つ。

考えないようにするのか?

事実を確認するのか?

疑いは更なる疑いを生み、

それを封印することは心を壊してしまう。

現実を受け止める勇気を持てた時、

やはり事実を確認するべきかもしれません。

(株)アイシン探偵事務所では
士別・名寄・稚内・紋別・網走・釧路・札幌・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 三笠 | タグ: |

探偵 三笠市 浮気問題~気迫を持って戦う

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、そして逆ギレ。

そして「裁判でも調停でもすればいいだろう」と言ってくる。

これは非常に多いパターンです。

妻は悩み、迷った末に離婚を決断する。

そこで妻は調停を申し立てた。

調停で夫は嘘に嘘を重ねてくる。

まるで悪いのは妻の方だと・・・

だがここで重要なことは相手の嘘に腹を立てないことです。

「腹を立てるな」と言っても無理なのは当然です。

でも腹を立てることは心を消耗してしまうのです。

調停が不調になれば今度は裁判になります。

相手が嘘をつき、開き直っている以上、戦いは長期戦です。

だからこそ相手の嘘に腹を立て、

心を消耗することは得策ではありません。

探偵はハッキリと言います。

離婚問題の戦い方は一つです。

相手がどのような嘘をついてこようが、

「違うことは違う」「真実は○○です」と主張するのです。

相手が嘘をついてくるのなら、

なおさらのこと気迫を持って正々堂々と戦い抜いてください。

(株)アイシン探偵事務所では
江別・美唄・砂川・滝川・旭川・北見・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 三笠 | タグ: |