カテゴリー別アーカイブ: 札幌

浮気、離婚問題 未来の自分を創造して決断する

例えば夫の浮気が発覚する。

妻は悩んで悩み抜く。

離婚しようか・・・

このまま我慢しようか・・・

実家に帰ろうか・・・

相手の女性と話をしようか・・・

調停をかけようか・・・

別居しようか・・・

妻はたくさんの選択肢から決断しなければならない。

そして実家に帰って離婚の準備をすることにする。

だが妻は更に迷ってしまう。

やっぱり家を出なければよかったのかも・・・

もっと我慢していれば・・・

『この決断は間違っていたのかも』と後悔をしてしまう。

だが本当にそうだろうか。

仮に実家に帰らなければ夫は反省をしていただろうか。

もっと我慢していて自分の心が耐えられただろうか。

決断することは問題を解決するための大きな力になります。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題を解決するためには決断が必要です。

そして自分の決断に後悔をしてはダメなのです。

(株)アイシン探偵事務所では
函館・千歳・札幌・滝川・旭川・北見・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 札幌市ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

結婚観の変化と離婚

結婚観の変化によって

「価値観の違い」「性格の不一致」等の理由で

簡単に離婚に至っている場合が多い。

だがもう一方では相手方の浮気問題などで

やむを得ず離婚を決断される場合もある。

いずれにしても「その離婚」をどうとらえるかによって

その人の未来の人生が変わってくるように思う。

離婚を人生の再スタートとして今までをリセットするのか?

離婚を経験した自分として人生をスタートするのか?

離婚は単に人生の区切りにしてはもったいない。

離婚によってその人は色々なことを学んだはず。

結婚相手として相手を見る時の着眼点・・・

結婚をすることによる色々な責任・・・

子供を育てることの責任・・・

離婚によって全てをリセットするより、

離婚で色々なことを学んだ自分として

スタートしてみてはどうでしょうか。

探偵はハッキリと言います。

離婚で人生をリセットするのはもったいないこと。

辛く・苦しい離婚を経験したのなら

それで学んだことをこれからの人生に活かしてください。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・函館・旭川・帯広・北見・釧路・根室・富良野 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 札幌市ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

浮気の言い訳「エッチを拒まれた」

近年、浮気問題や離婚問題が裁判にまで

持ち込まれるケースが増えている。

以前であれば夫婦間の話し合いや

親などを交えての話し合いなどで

成立するケースがほとんどであったのだが。

裁判まで持ち込まれる要因としては

浮気当事者の往生際が悪くなったのが大きいと思う。

浮気をしたがそれは・・・・と自分の浮気を肯定しようとする。

そしてその言い訳で多いの

「妻が性交渉を拒み続けたから」

「それが原因で婚姻関係は破たんしていた」と。

つまりHをさせてくれなかったから俺は浮気をした。

だから俺は悪くない。

そう言いたいのだろう。

このような展開が非常に多いのです。

だが考えてほしい。

このような夫婦の話を裁判の中でやり取りをするのである。

裁判はあくまでも公の場です。

見知らぬ傍聴人たちがそのやり取りを聞くのである。

浮気の言い訳をするにも最低限のルールがある。

夫婦の性交渉のことまで裁判に持ち出すのは

あまりにどうかと思うのだが。

(株)アイシン探偵事務所では
紋別・網走・釧路・根室・旭川・札幌・千歳・函館・北斗 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 札幌市ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

妻の浮気とでっち上げのモラハラ、DV

出会い系サイトやオンラインゲームなど

専業主婦の浮気のきっかけは多岐にわたる。

そして妻の浮気の増加とともに増えているのがDV冤罪。

例えば妻の不審な行動が続く。

夫が妻にその不審な行動を問いただす。

妻は逆ギレと開き直り。

数日後、妻は実家に帰ってしまう。

そして更に数日後、夫の元へ通知書が届く。

『接見禁止命令』の書面であった。

もちろん夫は結婚して一度も妻を殴ったことなどない。

逆に妻に灰皿を投げつけられたことはあったが。

おそらく妻は自分の浮気がバレそうになり、

夫のDVをでっちあげたのだろう。

DVにおける「接見禁止」「保護命令」「排除勧告」などは

妻の一方的な話だけで簡単に出てしまう。

「殴られてもいないのに殴られたと嘘は言わない」と

司法の『間違った性善説』が起因している。

だが夫にとっては憤ることである。

妻が浮気をして、殴ってもいないのにDV加害者にされる。

だがこれが現実なのです。

この事案においては別居後の妻の浮気を調査し、

弁護士が介入してある程度、妻の悪事を暴いたのだが

そうでなければ夫が一方的に悪者になっていただろう。

探偵はハッキリと言います。

近年、浮気の実数も妻が多い。

そして数多くの夫へのDV冤罪が存在している。

司法はそれをもっと理解すべきです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・旭川・北見・網走・釧路・根室・千歳・室蘭・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 札幌市ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

浮気問題  別居の原因は明らかにしておく

例えば妻の浮気が発覚する。

妻は逆ギレをし、子供を連れて実家に行ってしまう。

夫は何度も妻に連絡を取り、話し合いを持とうとするが

妻は一向に向き合おうとしない。

夫も根負けをして、そのまま放置してしまう。

そして1年後、夫のもとに家庭裁判所から書面が届く。

妻からの離婚調停の申し立てであった。

調停においては子供の親権、財産分与、養育費などの

協議が進んだが、妻の浮気については

あまり取り合ってはもらえない。

結局、妻の要求がほぼ通った形で調停が終了した。

夫は何度も調停員に

「妻の浮気の責任について協議をしたい」と頼むが

調停員は「いまさらその話をぶり返しても」と

取り合ってもらえなかったのである。

夫は妻が浮気をして、家を出て行った段階で

別居の原因の明確化をしておくべきだったのです。

やはり妻には何度でも連絡をして

「アナタが浮気をして、別居をすることは認めない」と

原因を明確化しておくべきだったのです。

探偵はハッキリと言います。

相手が逆ギレをして別居になってしまう。

そのような時、必ずその原因をハッキリとさせておいて下さい。

そうでないと離婚になった際、

相手への浮気の責任追及が曖昧になってしまいます。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・小樽・函館・滝川・深川・旭川・帯広・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 札幌ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: |