カテゴリー別アーカイブ: 恵庭

浮気調査  我慢は限界前まで

例えば夫の浮気が発覚する・・・

だが夫は開き直り、逆ギレをする。

妻は何度も夫に浮気をやめるように話し合いをするが、

夫は「お前には関係ないことだ」と繰り返す。

妻は悩んでしまう。

まだ子供も小さい・・・

もし離婚になったらどうやって暮らしていけばよいのか?・・・

一人で子供を育てられるだろうか・・・

離婚して孤独になったら耐えられるだろうか・・・

だからこれ以上、夫を責めて離婚になったらどうしよう・・・

結局、色々な不安が押し寄せ妻は夫の浮気を黙認し、

今の状況を耐えることに決める。

そして数ヶ月が経過。

相変わらず夫は浮気相手と遊んでいるのか?帰宅は遅い。

だんだんと外泊をするようにもなってくる。

家に帰ってきた時も一言も口をきかない。

家庭に入れる生活費も毎月、減ってくる。

それでも妻は我慢を続ける。

そして心も体も壊してしまう。

実際、このようなケースで苦しんでいる人は多い。

探偵はこのようなたくさんのケースを見てきて思うことがあります。

人は夫の浮気などという自分の尊厳を

根底から踏みにじられることへの我慢には限界があると・・・。

全く食欲がなくなってきた・・・

夜、眠れない・・・

倦怠感が常にある・・・

笑えなくなっている・・・

何もないのに涙が出てくる・・・ 等など。

もしこのような状態になってきたら、もう我慢の限界です。

探偵はハッキリと言います。

その我慢が限界になったら、

勇気を持って我慢しない道を選ばなければなりません。

(株)アイシン探偵では
小樽・余市・函館・北斗・札幌・旭川・釧路・富良野・帯広 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 恵庭 | タグ: |

別れてすぐの出会いは慎重に

探偵という仕事を通じ、たくさんの方の人生を見ます。

そして多くのことを学ばせていただく。

その中の一つに「寂しい時には結婚をしない」

例えば妻の浮気が発覚。

紆余曲折があり、夫は離婚を決断する。

このような場合、男は寂しさに弱い。

また一度家庭を持った男はそれがどんなに辛い生活であっても

失うと寂しさで押しつぶされそうになる。

そんな時、一人の女性と知り合う。

そして寂しさのあまり、すぐにその女性と結婚をする。

このような展開は実際に多い。

だが寂しさの中で出会う恋には落とし穴が多いのも事実です。

本来であれば相手の見える部分も

「寂しさ」というメガネで見えなくなっている。

だが「寂しさ」のメガネで相手を良く見えないまま結婚し、

また離婚をしてしまうケースもまた多いのです。

そして男は寂しさのスパイラルに入り込んでしまう。

寂しい時には結婚しない。

まずはその寂しさを乗り越えるところから始めてください。

(株)アイシン探偵社では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 恵庭 | タグ: |

W不倫の結末はドラマのようには行かない

女性側にも夫と子供、男性側に妻と子供がいる。

仮にW不倫の発覚で双方が離婚にまで至った場合、

この二人の浮気当事者たちには様々な責任が発生してくる。

浮気女性は自分の夫と

浮気相手の妻から慰謝料を請求される。

浮気男性は自分の妻と

浮気相手の夫から慰謝料を請求される。

罪と責任もWなのである。

ドラマの中に出てくる悲しくせつないW不倫。

だが現実世界のW不倫の結末は非常に重いのです。

探偵はハッキリと言います。

現在、W不倫中の方へ。

W不倫の責任をアナタはとれますか・・・

(株)アイシン探偵では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・旭川・釧路  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  恵庭市ホームページ

カテゴリー: 恵庭 | タグ: |

離婚調停、裁判の心構え・気長に構える

例えば夫の浮気が発覚。

夫は逆ギレと開き直り。

妻は悩んだ末に離婚を決断する。

このような展開は多い。

問題はこの後の展開がどうなるのか?です。

夫婦間の話し合いや調停で離婚の決着がつけば良いが

裁判にまでいく場合、妻は覚悟が必要になる。

妻が離婚裁判に向けての覚悟は3つ。

1. 離婚裁判はとにかく時間がかかる。

   最短で終わったとしても1年、場合によっては2年

2. 裁判で夫はありったけの嘘を言ってくる。

   ・ラブホテルには行ったがSEXはしていない・・・

   ・既に婚姻関係は破たんしていた・・・

   ・妻の方が浮気をしていた・・・

    相手の嘘にいちいち腹を立てていたら長い裁判の間に

    

    アナタの心が壊れてしまう。

3. 最後まで投げやりにならない

   ・時間がかかり、その間も相手の嘘を聞き続ける。

   

    だんだんとどうでもよくなってくる。

   

    また怒りが収まることによって

    モチベーションが下がってくる。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気、そして離婚裁判においての3つの覚悟。

裁判は時間がかかるという「覚悟」

裁判で相手の嘘に腹を立てない「覚悟」

裁判の途中で投げやりにならない「覚悟}

(株)アイシン探偵社は
札幌・恵庭・千歳・函館・北斗・旭川・北見・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  恵庭市ホームページ

カテゴリー: 恵庭 | タグ: |

浮気問題 迷いの締め切り

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は「離婚でもなんでもすればいいだろう」と開き直る。

ここで妻の選択肢は3つ。

1.このまま夫の浮気を黙認する。

2.当面、別居をする。

3.離婚に向けて準備する。

どの選択肢においても一長一短がある。

だが、どれかを選択しなければならない。

妻は悩み考え込んでしまう。

やはり夫の浮気を黙認することなどできない・・・

別居をするにしても大きなお金がかかる・・・

離婚をしたらどうやって生活をしていこう・・・

このような時、迷いの締め切りを自分で決めてみる。

今月中に結論を出そう・・・

春までには決めよう・・・

子供の卒業式を終えたら・・・

探偵はハッキリと言います。

人生の大きな選択を迫られ、

結論が出せない時には締め切りを決める。

その締め切り日が来たのなら答えを出して、

もう一度、自分の人生を歩み出してください。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・北斗・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 恵庭市ホームページ

カテゴリー: 恵庭 | タグ: |