カテゴリー別アーカイブ: 函館

浮気調査 弁護士の倫理観?

例えば妻の浮気が発覚する。

夫が妻に浮気を問いただすと妻は逆ギレし、実家に帰ってしまう。

数日後、夫の元に妻の代理人と称して弁護士から書面が届く。

内容は夫にとっては腹立たしいものであった。

1.妻には今後、連絡をするな。

2.妻の浮気は夫婦関係が破たんした後であり、浮気に関する責任はない。

3.速やかに離婚に応じなさい。

まるで悪いのは夫であり、妻は被害者であるがのごとく書いてある。

妻の弁護士は夫が法律には無知であることに付け込んで

一気に押し切ってしまおうとの思惑も含んでいるのだろう。

実際、このように素人の相手(夫)に対して強引な文章を送り付けてくる

モラルの低い弁護士が多いのです。

さてこのような時、夫の選択肢は2つ。

1.自分も弁護士を立て、協議に入る。

2.妻の弁護士に対して直接的に感情をぶつける。

自分も弁護士を立てるのはいつでもできます。

まずは妻の弁護士に感情をぶつけてみてはどうでしょうか。

浮気をした妻が悪いのか? 浮気をされた俺が悪いと言うのか?と。

弁護士は書面に法律的な言葉をならべ強気で押してくるが、

相手が直接的に感情をぶつけてくると弱い。

何も相手が弁護士だからと恐れることは何もありません

妻の弁護士から強引な書面が送られてきたら、

その弁護士を直接訪ね、自分の感情をガンガンぶつけてください。

そこからが戦いの始まりです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・旭川・北見・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |

弁護士の選任 自分の考えをしっかり伝える

例えば夫の浮気問題が発覚する。

夫は逆ギレ、そして開き直る。

妻は悩んだ末に当面は実家に帰ることを決断する。

そして今後について夫との交渉を弁護士に委任することにした。

ここで重要なことがあります。

弁護士には漠然とお願いするのではなく、

自分の望む方向性をキチンと伝えることです。

例えば今は離婚ではなく、婚姻費用をまずは決めたい・・・

財産分与については妥協したくない・・・

夫の浮気相手の女性は訴えたい・・・ 等など。

そして譲れるものと譲れないものを明確に伝えておくことも必要です。

慰謝料の金額はある程度、妥協できるが養育費はきちっと決めたい・・・

養育費の金額はこだわらないが、親権は絶対に自分が得る・・・等など。

探偵はハッキリと言います。

弁護士に委任する時はキチンと自分の考えを伝えてください。

そうでないと自分の思ってもいない方向で進んでしまいます。

(株)アイシン興信所では
札幌・石狩・留萌・稚内・網走・釧路・旭川・函館・北斗 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |

浮気調査  作戦、準備、実行

例えば夫の浮気が発覚する。

だが夫は開き直り、逆ギレをする。

妻は悩んだ末に離婚を決断。

ここで妻が要求した慰謝料の金額を夫が合意すればよいのだが、

そうでなければ調停、そして裁判と進んでいくことになる。

仮に裁判になり、判決で金額が確定されたとしても

夫の支払い能力がどこまであるのか?が重要です。

判決が出た後、夫がその慰謝料を払ってこなければ、

その判決も「絵に描いた餅」になってしまう。

夫が公務員などで給料の強制執行などができる状況であれば、

少しづつ支払わせることができるが、

定職を持っていないような夫であれば、その方法も困窮してしまう。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚・・・・

「慰謝料を取って離婚してやる」と怒りといきおいで行動をするのはダメです。

慰謝料を取るには入念な準備と作戦が必要なのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・室蘭・函館・旭川・帯広・北見・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |

離婚問題と財産分与(家)

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレをする。

妻は悩んだ末に離婚を決断する。

夫も浮気の事実関係を認め、慰謝料を払うことを約束。

そして妻が親権者となり、養育費の金額も決定する。

だが最後に大きな問題が残っていた。

持家の処分をどうするのか?です。

妻も仕事を持ち、収入があったため家を購入する際、

夫と妻の共同名義で銀行から借り入れをしていたのであった。

このような場合、離婚時に家を売却し清算ができればよいのが、

通常はそれによって数百万の売却損が発生する。

仮に500万円の売却損が発生した場合、

妻と夫でそのお金を出さなければならない。

またどちらかがその家に住み、

残りの支払いをしていく場合もリスクがある。

夫がその家を維持することになり、数年が過ぎる。

だが数年後、妻の元に銀行からの督促状が届く。

夫が会社をリストラになり、家の支払いを滞らせたのだ。

当然、借入の時に妻と夫の共同名義で借り入れをしていたのであれば

支払いが滞ると妻に請求がいくことになるのです。

また夫が自己破産をすると残りの支払いは全て妻がしなければならない。

離婚をする際、持家の借り入れを共同名義でしている場合、

その処分をどうするのかを慎重に考えてください。

(株)アイシン探偵では
函館・札幌・旭川・帯広・北見・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |

不倫で奪ったものは奪われる

例えば妻子ある男性と知り合った女性、

彼女はどんどんその男性に魅かれていく。

結局、その男性は妻と離婚し、その女性と結婚をする。

彼女は妻と子供には申し訳ないと思いながらも

「彼は私を選んでくれた」と心の底では思っていた。

だが数年後、彼はまた別の女性の元へ走ってしまう。

そして彼女は彼と離婚をする。

このような展開は非常に多いのです。

誰かから奪ったものは誰かに奪われる。

これは神様の罰というものではありません。

理由は簡単

彼は簡単に家庭を捨てる無責任な男性であることが原因です。

彼女と知り合った時、家族に責任を感じている男性であれば

当然彼女を選ぶことはない。

家庭を捨てる人は次の家庭も簡単に捨てる。

「奪ったものは奪われる」の理由はそこにあります。

(株)アイシン探偵では
函館市・北斗市・札幌市・江別市・旭川市・帯広市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |