月別アーカイブ: 10月 2013

探偵 石狩 浮気調査~不倫相手は何人?

浮気調査事例

石狩市在住のAさん(32)から妻 B子さんの

行動調査(浮気調査)を依頼される。

Aさんは妻 Bさんと出会い系サイトで知り合い、結婚2年。

結婚当初から妻 Bさんの不審な行動があったようだ。

お母さんの具合が悪いと実家に帰る。

夜、AさんがB子さんの携帯電話に電話するがつながらない。

実家に電話をかけるが具合が悪いはずのお母さんが元気な声で

「今日は来ていませんよ」と言っていた。

結局、B子さんは家に帰って来なかった。

翌日、AさんがB子さんを問いただすが

B子さんは「別に関係ないでしょう」と逆ギレ。

そんな外泊や不審な行動が現在まで続いていたようだ。

AさんもB子さんの行動を見て見ぬふりをしていたが、

やはり自分自身の結論を出さなければと決意し、当社に依頼をされた。

早速、探偵はB子さんの行動を調査する。

月曜日  午後から外出し、ホームセンター駐車場で男性の車に乗り込み

       ラブホテルへ行く。

火曜日  午前中に外出をし、自宅近くの公園駐車場で男性と待ち合わせ。

       男性の車に乗り込み、食事をしてラブホテルに行く。

       そして 昨日の男性とは違う人物であった。

水曜日   Aさんが出勤するとすぐに自宅前に一台の車が停まる。

       B子さんが家を出てきて、その車に乗り込む。

       その後、男性の車でドライブデート。

       最後はラブホテルへ行く。

       そしてこの男性も別な男性であった。

木曜日  さすがに疲れたのかコンビニに買いもに行くが、それ以外の外出はなし。

金曜日  Aさんには女友達と飲みに行くといって外出をする。

       居酒屋ではまた別な男性と合流。

       かなりの酒を飲んでその後、ラブホテルに行く。

土曜日  なんと昼までラブホテルで過ごし、帰宅。

日曜日  水曜日の男性とまたラブホテルに行く。

B子さんは一週間に4人の男性と5回、ラブホテルに行く。

この結果に夫 Aさんも唖然。

どうやら全て「出会い系サイト」で知り合った男性である。

中にはAさんと結婚当時から同時進行で交際している男性もいた。

その後、Aさんは妻 B子さんと離婚した。

出会い系サイトで知合い、結婚。

だが結婚後も「出会い系サイト」で浮気をする傾向があります。

※ 今、配偶者の浮気問題で悩まれている方の

   解決の糸口になってくれれば幸いです。

※ 名前、年齢、地域、その他の設定など、

   変更させていただいております。

      
(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
(株)アイシン探偵  石狩ホームページ

カテゴリー: 石狩 | タグ: |

釧路探偵 浮気問題~妻の浮気とDNA

近年、夫からDNA鑑定の依頼が増えていると

とあるワイドショーで以前特集をしていた。

実際に自分の子供ではないとの結果もあることに

コメンテーターが驚いていた。

だが探偵からすれば珍しいことではない。

近年、DNA鑑定が普及し、身近になってきたことが要因である。

そしてもう一つ、妻の倫理観の低下も考えられる。

あまりの身勝手な妻の浮気に

夫も「もしかしたら」と思うのであろう。

そして鑑定では「親子ではない」結果も増えてきている。

例えば結婚する前に複数の男性と交際している。

妊娠が分かると一番、安定している男性を選び、結婚する。

また浮気相手の男性の子供を身ごもる。

血液型を確認すると夫と同じ血液型。

そして子供を産む決断をする。

たくさんのことが想定されるが

いずれにしても夫には受け入れがたいことである。

DNAの普及が良いことなのか?そうでないのか?は

明言できないが、やはりDNA鑑定には覚悟が必要です。

何年も育て、愛した子供が自分の子供ではないと

知った時の気持ちは探偵も想像できないほど辛いものだろう。

(株)アイシン探偵事務所では
旭川・帯広・北見・網走・釧路・富良野・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
(株)アイシン探偵事務所 釧路ホームページ

カテゴリー: 釧路 | タグ: |

札幌 探偵 ストーカー調査

ストーカー調査事例

札幌市在住のA子さん(29)からストーカーについてのご相談をされた。

A子さんの相談は下記の内容であった。

自分が自宅に帰ると物の位置が変わっている・・・

冷蔵庫の缶コーヒーが誰かに飲まれて、缶がごみ箱に捨てられていた・・・

見てもいないのにDVDプレーヤーにDVDが入っていた・・・

誰かがヤカンでお湯を沸かしている・・・  等など。

探偵はストーカーのご相談において被害妄想的なものも多い。

このAさんのご相談も当初は「被害妄想かも?」の可能性が高いと考えていた。

まずはAさんの不安を取り除くことが大事だと考え、

一つの提案をさせていただく。

探偵  「Aさんが外出するときにボイスレコーダーをしかけて下さい」

Aさん  「分かりました、やってみます」

2日後、再度Aさんが訪れた。

Aさんは探偵をみるなり、「これを聞いてください」とボイスレコーダーの電源を入れる。

それにはAさんが外出してから1時間後、ドアの開く音が聞こえ、

テレビの音声が聞こえ始める。

明らかに「誰か」が部屋に入っているのが確認された。

2時間、テレビの音がなくなり、ドアの開く音が聞こえた。

その後、部屋は無音状態になる。

「誰か」が部屋を出て行ったのだ。

午後3時、またドアの開くおとが聞こえる。

そして「ウー、寝むてー ・・・」と声が入っている。

その後、「グー、グー、グー」といびきの音が聞こえてきた。

「誰か」が昼寝を始めたのだ。

探偵もさすがに驚いてしまった。

やはりAさんの言うとおり、「誰か」がAさんの部屋に出入りしているのである。

Aさんから正式な依頼を受け、調査準備をする。

翌日、探偵は2班に分かれて調査体制をひく。

A班の2名はAさんの部屋の押し入れに入り、

「誰か」が部屋に入ってくるのを待つ。

B班はAさんのマンションの玄関が見える場所で出入りを確認する。

そしてAさんにはB班の探偵車両で待機してもらう。

午前10時30分 B班が30代の男性がマンションへ入って行くのを確認。

すぐに無線でA班に連絡。

Aさんの部屋のドアが開く。

そのままA班は無線でB班に連絡、すぐにB班の探偵がAさんの部屋に駆けつける。

B班がAさんの部屋のドアを開ける音を合図にA班が押し入れから出る。

4人がかりでその「誰か」を抑え込む。

すぐに警察に連絡。

その人物は30代の男。

どうやらAさんの部屋の元住人であった。

男は前に住んでいた時のカギを持っており、

いまだカギが変えられていないことを知る。

そして自分が出た後に「若い女性が一人で住んでいるのも調べた」

最初は覗き気分でAさんの部屋に侵入したらしい。

その後、Aさんの生活パターンを調べ、Aさんの不在時間を掌握し、

毎日のように侵入していたのだ。

また男は営業でAさんのマンション付近の地域を担当しており、

Aさんの部屋を休憩場所にもしていた。

全く呆れる話である。

そして恐ろしい話でもある。

女性の一人暮らしでマンションやアパートなどを契約する場合は

必ずカギを新しいものにすることを探偵はお勧めします。

※ 今、ストーカー問題で悩まれている方の

   解決の糸口になってくれれば幸いです。

※ 名前、年齢、地域、その他の設定など、

   変更させていただいております。

(株)アイシン探偵社では
苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
(株)アイシン探偵  札幌ホームページ

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

探偵岩見沢 浮気問題~別居中の心構え

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレと開き直り。

そこで選択肢は3つ。

1.当面、話し合いを続ける。

2.別居をしてみる。

3.離婚を前提に決着をつける。

ここで別居をする場合の心構えですが

まずは「離婚の覚悟」です。

別居をすることの意味はアナタを裏切った夫に対して

アナタ自身の覚悟を見せることなのです。

「アナタが反省をしないのであればこのまま離婚」

「私がいない生活をしてみなさい」

「家庭を失うことを想像してみなさい」等など。

探偵はハッキリと言います。

覚悟を持たない別居など意味のないことです。

「いざとなったら離婚」の

覚悟があってこその別居なのです。

(株)アイシン探偵事務所では
室蘭・伊達・函館・北斗・札幌・滝川・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
無料電話相談  011-784-2977
(株)アイシン探偵事務所 岩見沢ホームページ

カテゴリー: 岩見沢 | タグ: |

北見 探偵事務所 浮気問題~なぜ結婚したの?

最近、若い夫婦の感覚についていけないことがある。

例えば毎日、夫に小さな子供を預け外泊をする妻。

夫が問いただすと「外泊をして何が悪いの」と

妻は首をかしげながら真顔で言った。

当然、妻は浮気をしていた。

そして「浮気をしたら何がいけないの」と逆ギレをする。

例えば夫は妻の前で浮気相手と平気で電話をする。

「明日、どこに行く?」

「昨日は楽しかったよ」

妻が夫に文句を言うと

夫は「友達と話をして何が悪い」と首をかしげる。

探偵は調査をすると夫はその女性とホテルに行っていた。

妻が問いただすと

「他の女性とセックスして何がいけない」と開き直る。

さらに夫は妻に言った。

「俺は彼女を愛してはいない」

「ノリでセックスしただけだ」と繰り返すのだ。

この夫は自分がそんなに悪いことをしたとは

思っていないのだろう。

このような感覚の人が増えているのです。

「結婚する」という責任など微塵も感じていないのだろう。

そもそもこのような人たちはなぜ結婚するのだろう。

探偵はハッキリと言います。

結婚は互いの人生に責任を持つことの約束。

決して結婚は恋愛の延長で軽くするものではないのです。

結婚の責任が持てない人は

絶対に結婚などすべきではないのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・釧路・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。
(株)アイシン探偵事務所 北見ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: |