月別アーカイブ: 10月 2014

裁判でも認めるとは限らない

浮気や離婚などの問題が夫婦間で折り合いがつかない場合、

裁判に持ち込まれるケースが近年、増えています。

増えている理由として、離婚率が増えていることも当然だが

もう一つの理由としては、浮気当事者の

往生際が悪くなっていることです。

裁判になってもそれは同じです。

裁判という場所においても平気でウソを言ってきます。

「 ホテルには行ったがセックスはしていない 」

「 ホテルではカラオケをしていただけ 」

二人で乗っている車がホテルから出てくるところの

写真についてもその写真は偽造されている等など。

妻側の呆れる嘘としては、

日常、おとなしい夫を殴っておいて、

いざ裁判になったら「夫からDVを受けていた」と

平気な顔で主張してくる。

いずれにしても相手は平気で嘘を言ってきます。

まるで「言うだけはタダ」と・・・・

そこで感情的になってしまってはダメです。

最初から相手は嘘を言ってくると認識しておき、

冷静な対応をしてください。

(株)アイシン探偵事務所 では
江別・札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977
(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

カテゴリー: 稚内, 釧路 | タグ: |

浮気の証拠とは、

まず最初に考えなくてはならないことは

法的に不貞行為(浮気)はセックスしかない。

例えば一緒に食事をしているところ・・・

ドライブに行っている・・・・

デートしているところ・・・・

これらの映像が取得できたとしても浮気の証明にはなりません。

完璧な浮気の証拠とはセックスを

しているところの映像でしかないのです。

ですがそのような映像を取ることは現実的ではありません。

最終的には判事(裁判官)が

不貞関係(浮気)と認めるかどうかなのです。

当事者たちのラブホテルから出てくるところの映像があれば

裁判官は当然、不貞関係を認めるでしょう。

だがラブホテルではなく一方の部屋への出入りや宿泊などは完全とは言えない。

当然、相手方は色々な言い訳をしてくる。

「 部屋で相談にのっていただけ 」

「 話込んでいて寝てしまった 」等など。

そのような場合は複合的な証拠を取っていく。

浮気当事者たちが一緒に食料品などを買いに行くところ・・・

手をつないで歩いているところ・・・

そのような関係の親密度なども証明しながら

部屋への出入りなどの証拠を出していく。

浮気の証拠とは裁判官が浮気と認めされる材料のことです。

(株)アイシン探偵事務所 では
函館・登別・室蘭・苫小牧・札幌・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

カテゴリー: 旭川 | タグ: |