月別アーカイブ: 12月 2016

浮気調査をするべきか?

当社にご相談いただく方々から

「浮気調査をした方が良いか」

それとも「しない方が良いのか」と質問をいただきます。

答えはケースバイケースです。

例えば夫の不審な行動が続く。

そして不審な行動が顕著になると夫は離婚の強要をしてくる。

この段階で明らかに夫は浮気をしている。

そこで浮気調査をするか?しないか?

ここで考えることは

1.夫の収入と慰謝料の支払い能力

2.財産分与の金額

  場合によって相手の財産分与分から慰謝料を相殺する

3.夫の浮気相手の推測

4.相手の態度とアナタの感情

5.調査費用と相手方への請求金額の費用対効果

浮気調査をして事実関係を明らかにして相手と話し合う・・

浮気の事実を不問にして現実的な離婚協議に進む・・・

浮気調査をするか?しないかの正解は

アナタ自身が決めるのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・・室蘭・函館・旭川・留萌・稚内・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977


(株)アイシン探偵事務所 室蘭ホームページ

カテゴリー: 室蘭 | タグ: |

浮気、離婚問題 落としどころを決める

例えば夫の浮気が発覚する。

アナタは怒りの感情を夫にぶつける。

「浮気なんか絶対に許されない」

「早く離婚してちょうだい」

「アナタの顔など見たくもない」等など。

夫は自分の過ちを認め、謝罪をする。

「済まなかった、許してほしい」と。

だが妻の怒りはおさまらないのだ。

「悪いと思っているなら離婚してよ」

「一日も早く離婚したいのよ」と。

夫は「分かったよ、君の言うとおりに離婚するよ」

「できるだけの責任は取るよ」

「慰謝料も養育費もきちっと払うよ」と。

それを聞いた妻は更に怒りが強くなる。

「謝れば済むと思っているの」

「ふざけないで」と夫をなじる。

ここで考えなくてはならないのは

妻のこの怒りは未練の裏返しなのです。

本当は土下座をしてでも「離婚しないでくれ」と

言ってほしいのです。

探偵はハッキリと言います。

今、配偶者の浮気で悩まれている方へ。

アナタが怒りを感じているのなら、

それは相手に対しての未練があるのです。

それを理解して自分のホンネで

その浮気問題と戦ってください。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・函館・北斗・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 函館ホームページ

カテゴリー: 函館 | タグ: |

妻の浮気でも親権は妻

ある調査での話。

妻の不審な行動が続き、夫から浮気調査を依頼される。

調査を進めていくと、やはり妻の浮気が確認された。

夫が妻に浮気の件をただすと逆ギレと開き直り。

翌日には子供を連れて家を出てしまう。

その後、妻は虚偽の理由で離婚調停を申し立てる。

夫との性格の不一致・・・

夫は仕事ばかりで家庭を顧みない・・・

子育てにも一切の協力をしない・・・

自分の浮気には一切、ふれていない。

夫は妻との離婚には早い段階で合意をしたのだが

子供の親権は渡さない主張する。

探偵は当初、夫の意地で親権を渡さないと

言っているのだと思っていた。

だが夫は「子供とは離れたくない」と・・・

紆余曲折があり、この夫婦は離婚したのだった。

親権は妻側になった。

ある日、夫が子供と面接交渉をする。

探偵が子供と一緒に遊んでいるところの写真を

取ってあげようとその場所に出向いた。

ある場所にて妻が子供を連れて夫と待ち合わせ。

3歳の子供が「パパ」と言って駆け寄ってくる。

夫も目に涙をためて子供を抱き上げる。

子供はお父さんの手をしっかりと握り、放そうとしない。

「パパ・・・私、寂しかったよ」

「パパも会いたかったよ」

夫と子供はわずか1時間の時を一緒に過ごした。

子供と別れた夫が探偵と合流した。

やはり目は真っ赤であった。

夫は妻の浮気に腹を立てて、

意地で親権を主張したのではなかったのだ。

妻が浮気をして家庭が壊れる。

そして親権は妻に認められ、

夫は子供とも別れなければならない。

ある意味、法律は無常である。

探偵はハッキリと言います。

ガンバレ、夫たち・・・・

ガンバレ、男たち・・・・

(株)アイシン探偵事務所では
函館・北斗・室蘭・恵庭・札幌・江別・旭川・北見 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 旭川ホームページ

カテゴリー: 旭川 | タグ: |

結婚前から浮気 「したくてした結婚じゃない。」

ある新婚(結婚半年)の奥さんから

夫の浮気調査を依頼される。

その奥さんは妊娠4カ月であった。

結婚当初から夫の不審な行動。

残業と言っては深夜の帰宅。

日曜日も仕事と言って外出。

そのうち外泊もたびたびになってきた。

調査を進めてみるとやはり夫の浮気が確認された。

そしてその浮気相手の女性とは

結婚前からの交際であったようだ。

二股交際だったのだ。

夫は結婚したもののそちらの女性に未練があった。

それで浮気という形で交際を続けていたのだ。

奥さんの怒りと挫折感は相当なものだろう。

その後、奥さんが夫にその浮気をただした。

その時、夫が言った一言が呆れる。

「したくてした結婚じゃない、離婚しよう」

探偵も言葉を失う・・・・

探偵はハッキリと言います。

したくないなら結婚するな・・・

適当な気持ちで結婚をして、

妻と子供の人生をないがしろにする。

ふざけるな・・・・・

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・留萌・稚内・北見・釧路・根室・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977


(株)アイシン探偵事務所 釧路ホームページ

カテゴリー: 未分類 |

浮気の妻が親権を主張

例えば夫からのご相談・・・

「妻がどうやら浮気をしているらしい」

「証拠を取って離婚したい」

「そして親権も自分が取りたいと」

だが妻の浮気の事実と親権は関係ありません。

子供が幼児であれば妻が浮気をしていても

親権は妻に決定される場合が多い。

妻が「浮気をしたのは認めるが、親権は渡さない」との

主張が通ってしまうのです。

これでは夫は辛いだけなのだが・・・・

ただ妻の浮気証拠があれば

離婚協議において主導権は取れる。

その主導権を利用し、親権を渡すように

妻に促すことはできるが決定的なものではありません。

もう一点、妻がどのように浮気をしていたのか?

例えば妻が昼間、5歳の子供を家において

浮気相手とホテルに行っていた。

その間、子供は家に一人でいることが何度もあった。

このようなケースの場合は妻が子供の適切な観護を怠り、

浮気をしていたことになる。

その場合は夫に親権が決定されたこともある。

いずれにしても「浮気」と「親権」は直接的に関係しません。

夫が親権を主張する場合は十分な検討をして

妻との戦いに臨む必要があります。

(株)アイシン探偵事務所では
苫小牧・室蘭・函館・北斗・札幌・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 帯広ホームページ

カテゴリー: 帯広 | タグ: |