月別アーカイブ: 2月 2017

浮気問題と離婚裁判

当社は浮気調査を依頼された場合、

調査終了後もアドバイザーとして関わらせていただきます。

弁護士のご紹介から今後のシュミレーションの設定など

できる限りのお手伝いをさせていただきます。

その経験から離婚裁判においての留意点。

1.良い弁護士の選任

   弁護士は非常に能力差があります。   

   今後の方向性の戦略や交渉能力のある

   弁護士に委任する必要があります。

   弁護士を選ぶ時は必ず複数の弁護士と面談し、

   上記のことを勘案して、選んでください。

2.陳述書、答弁書においては

  できるだけ感情を争点にしない。

   離婚裁判にまで至った場合、感情より、実利を考えるべきです。

   感情論争を持ちかけるより、冷静な対応をしていく。

3.裁判は長期戦、無駄な気力を消耗しない

   裁判は途中に和解や示談にならない場合、少なくとも1年はかかります。

   常に裁判に集中してしまうと長い裁判の途中で気力がなくなります。

4.後はなるようになれの構え

   裁判は水もの、どんなに戦っても最後は裁判官の判決が全てです。

   「後はなるようになれ」の覚悟が逆に良い結果をもたらします。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題などで裁判になった時、

二人の間に子供がいる場合、

裁判が終わっても父親、母親の立場は変わりません。

その意味でも怒りや様々な感情を

裁判で持ち出し過ぎると裁判終了後にしこりが残ります。

粛々と裁判に臨むことが離婚裁判の心得です。

(株)アイシン探偵事務所では
函館・札幌・石狩・留萌・稚内・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 留萌ホームページ   

カテゴリー: 留萌 | タグ: |

夫の浮気問題と姑

ある調査での話。

夫の不審な行動が続き、そして離婚の強要。

そして妻が離婚はできないと言うと

強引に家を出て行き、別居状態。

妻は迷い、悩んだ末に探偵に調査を依頼される。

探偵が調査をするとやはり夫は浮気をしていた。

仕事関係で知り合った女性であった。

妻が調査で知り得た事実を夫に告げる。

夫は更に開き直り、逆ギレ。

「お前のことを殺すか、俺が死ぬかだ」

「俺はお前と離婚できなければ幸せになれない、

お前は俺が不幸のままでいいのか」

「俺の人生でお前と結婚したことが人生の一番の失敗だ」

勝手な理論をならべてくる。

それについては妻が冷静に対処して話をする。

ある日、姑が家を訪ねてくる。

そして夫同様に勝手な論理をぶつけてくる。

「アナタが探偵なんかつけるから悪いのよ」

「アナタが悪いのだから○○君をこれ以上、いじめないで」

 ※ この母親は息子のことを○○君と呼ぶ

「○○家とアナタは最初から不釣り合いなのよ」

「○○君は今も探偵につけられていると怯えているのよ」

「トッとと離婚して○○君を解放しなさい」

「孫はアナタが育てていいから」 等など。

これを聞いた探偵は呆れてしまい、言葉を失った。

この母親がいて、この息子が育つ。

つくづく呆れた親子の話でした。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・滝川・深川・旭川・釧路・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 釧路ホームページ

カテゴリー: 未分類 |

浮気問題 夫が親権を取る準備

例えば妻の浮気が発覚する。

紆余曲折があり、夫婦は離婚することになる。

だが子供の親権については双方が主張する。

基本的に子供が小さい場合、親権は圧倒的に

母親(妻)が優位である。

仮に妻が浮気をし、

それが原因で離婚になったとしても変わらない。

だが視点を変えれば父親(夫)が

親権が取れる場合もある。

妻の浮気において、子供の環境がどうであったか?

妻が浮気相手と密会するため、

小さな子供を実家にいつも預けていた・・・

妻が小さな子供を家に残し、

浮気のために外出を繰り返していた・・・

法律的には妻が浮気をしたから

妻が親権を得られなくなるわけではない。

だが浮気をしていた時間が

子供にどのように影響したのかは重要です。

夫が親権を得るにはその点を追及することになります。

また親権は離婚後、双方がどのように

養育環境を整えれるのかが大事です。

夫が親権を主張するためには

離婚後は自分の親と同居する準備も必要です。

探偵はハッキリと言います。

夫が親権を得るのは困難です。

だが諦めずにできることを確実に行って下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・千歳・室蘭・函館・北斗・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 室蘭ホームページ

カテゴリー: 室蘭 | タグ: |

浮気離婚問題 慰謝料はアナタの強い意志で決める

例えば夫の浮気が発覚。

妻は何度も夫に浮気を止めてくれるように促した。

だが夫は逆ギレと開き直り。

夫婦は離婚することになった。

最後は慰謝料の金額を決めることである。

そして慰謝料の金額を左右するのは

自分の強い意志なのです。

確かに優秀な弁護士を雇うことなども大切ですが

それ以上にアナタの強い意志が重要です。

当然、慰謝料にも相場はあります。

結婚期間、相手の有責性、

離婚に至るまでの経過、子供の有無、等などによって

ある程度の金額の相場は確かにあります。

また過去の裁判判例によっての基準額も存在します。

だが相場も基準もあくまでも一般論なのです。

ある調査での話。

夫は公務員、浮気相手の女性も職場の同僚であった。

浮気発覚後も夫は浮気を止めようとしない。

そして妻は悩んだ末に離婚を決断する。

だが慰謝料の金額で事態はこう着する。

最後に妻は夫と浮気相手の女性に

「○○○万円を10円でも下回るなら裁判にします。

これが私の最終的な要求です」と言いきった。

妻の出した○○○万円は基準金額を

大幅に上回るものであった。

だが相手方の二人は社会的立場や

職場での影響を考えると裁判にしたくない。

妻の要求を飲むしかなかった。

妻の強い決意を感じたのだ。

離婚においての慰謝料は相手がいくらなら払えるか?や、

基準額、相場などを考えるのは後回しです。

まずは強い決意を持って「○○○円を払いなさい」と

言い放ってください。

(株)アイシン探偵事務所では
砂川・滝川・深川・旭川・釧路・根室・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977


(株)アイシン探偵事務所 北見ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: |

浮気問題 離婚の前に別居、婚姻費用

例えば夫の浮気が発覚する。

妻がその浮気を問いただすと夫は逆ギレと開き直り。

そして家を出てしまう。

その時アナタはまずどうするのか?

探偵はまず婚姻費用の確定をすることを勧めます。

夫婦の再構築を望むにしても

離婚を選択するにしても

結論が出るのには時間を要します。

その間の生活費の確保がやはり重要です。

中には「私が給与を管理していますから」と

楽観的に考える奥さんもいます。

ですが別居後は夫の給与は入らないと思うことです。

妻の管理する通帳から

別の口座に夫は振り込みを変更してきます。

そのようなことを想定し、夫が家を出た場合は

すぐに婚姻費用の調停申し立てをして下さい。

探偵はハッキリと言います。

配偶者の浮気問題との戦いは長期戦になります。

まずは婚姻費用を確定させて次なる戦いに臨みましょう。

(株)アイシン探偵事務所では
江別・岩見沢・滝川・旭川・帯広・北見・札幌・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 帯広ホームページ

カテゴリー: 帯広 | タグ: |