月別アーカイブ: 5月 2020

浮気調査 嫌われて構わない覚悟

例えば夫の浮気が発覚する。

ここで夫が素直に謝罪をし、

夫婦の再構築を約束する展開であればよいのだが、

多くは開き直り、逆ギレをするケースが目立つ。

ここで妻が「嫌われたくない」を前提に対応する。

これ以上、夫を責めると夫に嫌われる・・・

相手の女性を責めると夫に嫌われる・・・

これ以上、疑うと夫に嫌われる・・・

浮気問題は夫婦の重大な危機です。

浮気をして家庭を破壊しようとした夫に対して、

被害者である妻が「嫌われたくない」と対応すれば

いつまでたっても浮気問題の出口は見えないのです。

「浮気はダメ」 「ダメなことはダメ」と

妻は言い切らなければならない。

探偵はハッキリと言います。

「嫌われたくない」ではなく、

「嫌われてもかまわない」覚悟で

「浮気はダメ」と言いきってください。

「浮気がダメ」は夫婦の最低限のルールです

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・小樽・函館・旭川・北見・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 網走市ホームページ

カテゴリー: 網走 | タグ: |

夫の浮気調査 怒りの消化は調停、裁判前に

夫の不審な行動。

不審な外出や帰宅時間も極端に遅くなり、外泊もするようになる。

妻は夫に問いただすが

「お前は被害妄想か」

「お前のそういう疑り深いところが嫌なんだ」

「そんなふうに疑うんなら離婚だ」 等と言い返してくる。

妻は悩んだ末に探偵に調査を依頼する。

結果、夫の浮気が確認された。

妻には当然、怒りが湧いてくる。

ここでその怒りを封じ込めたまま、調停や裁判に持っていくと

その怒りの消化ができない。

調停や裁判はある意味、事務的なものです。

被害者の感情をくみ取り、相手を裁いてくれる場ではない。

ですから探偵の客観的な証拠を得た場合、

夫には「アナタには離婚の責任はとってもらいます」

夫の浮気相手の女性に対しても

「アナタのことは絶対、許しません」

「慰謝料を請求しますからね」と

怒りをぶつけてみてはどうでしょう。

中には後々、「そんなことをしたら不利になるのでは」と

考えるかもしれませんが、

浮気という一つの家庭を破壊する行為の罪は大きいのです。

調停や裁判の前に自分の怒りをぶつけておく。

被害者が加害者に言葉で怒りをぶつけるくらい、

何の問題もありません。

(株)アイシン探偵事務所では
函館・北斗・小樽・札幌・石狩・留萌・稚内・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  北斗市ホームページ

カテゴリー: 北斗 | タグ: |

夫の浮気 弱ったふりはしても弱らないことの勧め

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレをして開き直る。

それじゃ離婚だ・・・・

もう俺はお前を愛していないんだ・・・・

俺の浮気がなくても離婚は決めていたんだ・・・・

妻は夫から投げつけられる言葉に気力を奪われてしまう。

そして夜になるとさらなる不安が妻に襲いかかる。

離婚したら食べていけるのかしら・・・

子供が寂しい思いをするのかしら・・・

自己破産しかないのかしら・・・

生活保護を受けられるのだろうか・・・

母子手当はもらえるのだろうか・・・

考えても考えても悩みは尽きない。

探偵は悩んでいるのなら

夜はトットと寝てしまうことをお勧めします。

どうしても眠れないのならドラックストアーで

睡眠薬を買ってきてでも寝て下さい。

そして悩みを昼に考えて下さい。

母子手当のことであれば役所に行って聞いてみる。

離婚後の住居については

不動産屋に行って家賃相場を調べておく。

破産についてであれば弁護士に相談に行ってみる。

昼に考えて結論の出ないものについては調べる。

それを繰り返していけば悩みは少しずつ解決していきます。

夜はとっとと寝てしまい、昼に悩みごとを考えて下さい。

夜に押し寄せる不安から悩んだところで意味がないのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 室蘭市ホームページ

カテゴリー: 室蘭 | タグ: |

探偵 北見 ストーカー調査

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に
創作したフィクションです。

ストーカー調査事例・北見市

Aさん(31才)はレントゲン技師として病院勤務している。

家族は妻 B子さん(30才)と長女(1才)の3人暮らし。

ご相談の内容は、自宅と勤務先への怪文書。

内容については、本人を誹謗中傷するものだとのこと。

また、自宅には頼んでもいないピザが届いたりもしたとのこと。

Aさん家族には小さな子供もいることから、

何かあってからでは遅いとの観点から調査依頼となりました。

我々、探偵はAさんの現在の友人関係、職場での人間関係、

また職務上のトラブル、過去の交際相手などなどの詳細をお聞きしました。

犯人はAさんが妻 B子さんと結婚する前に

お付き合いをしていた女性 C子(31才)でした。

探偵が確認した状況をもとに本人と接触し、

なぜそのようなことをしたのかを聞いたところ、

Aさんと別れた後、自分も結婚したが、夫の浮気と暴力などで離婚をしたそうである。

その後、偶然にAさん家族が幸せそうに買い物をしているのを見かけて、

自分だけが取り残された思いになったようである。

だからと言って許されるものでもないが、Aさんの寛容な気持ちもあり、

Aさんに謝罪をして決着となった。

※ ストーカー問題などで悩まれている方の
  解決の糸口になってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵事務所  北見市ホームページ

カテゴリー: 北見 | タグ: |

浮気調査 出会いの簡易化

探偵が直面する実数では夫の浮気より

妻の浮気が確実に多い。

その原因はたくさんに考えられます。

出会い系サイトやオンラインゲームなどでの出会いの増加・・・

妻たちの意識の変化・・・

母性の低下・・・

そして理解のある夫たちの増加があげられる。

例えば週に何度も女子会と言って出掛ける妻を

子供の面倒を見ながら笑顔で送り出す夫。

だが実際には妻は浮気相手とラブホテルに行っている。

週末は必ず子供を連れて実家に帰る妻。

夫は「週末くらいは実家でのんびりしておいで」と

笑顔で毎週末、妻を送り出す夫。

だが妻は実家の母親に子供を預けて、浮気し放題。

このようなケースが実に多い。

探偵が「なぜ、ここまで奥さんの不審な行動を

放っておいたのですか?」とお聞きすることがある。

夫は「何か言ったら妻は怒るので、我慢していました」と答えられる。

妻の不審な行動に文句を言ったら怒られる。

だから理解のある夫を演じて何も言わない。

このような夫婦の関係は確実に増えているのが実情です。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・函館・赤平・芦別・富良野・帯広・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 函館市ホームページ

カテゴリー: 函館 |