月別アーカイブ: 3月 2021

浮気調査 離婚裁判を覚悟

例えば夫の浮気疑惑。

妻は悩んだ末に探偵に調査を依頼する。

夫は会社の同僚と手をつなぎながらデートをしていた。

だがこれでは裁判において「浮気の証拠」にはならない。

法律的に浮気(不貞)とは「性交渉」である。

ですから「性交渉」に関連する証拠取得をする。

当然、探偵が調査をする上では「裁判を前提」の証拠取得を目的とする。

以前は「事実関係を確かめ、夫と話し合いするため」と

言われる奥さんが多かった。

だが近年は「証拠が取れたらすぐに調停、裁判に進めるつもりです」と

言われる奥さんが多い。

裁判は基本的に公(おおやけ)のものです。

夫婦間の今までの関係や子供に関することまであからさまして戦う。

これは夫婦として互いに傷つけあうことになる。

探偵は願います、

浮気をした方は素直に謝罪し、もう一方は憎しみを呑み込む。

一度は愛し合い結婚した二人なのですから

最後は裁判ではなく、二人の話し合いで結論が出ることを・・・

(株)アイシン探偵事務所では
札幌市・恵庭市・千歳市・苫小牧市・函館市・旭川市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

浮気調査 婚姻関係の破綻

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は浮気がバレルと開き直り、逆ギレ。

そして家を出ていく。

その後、夫の弁護士から書面が届く。

その内容は全く呆れるものであった。

既に婚姻関係は破たんしている・・・

速やかに離婚に応じろ・・・  など。

妻はその弁護士の書面を読んで怒りと悔しさがこみ上げてくる。

夫とは特にケンカをしていたわけでも、別居をしていたわけでもない。

普通に生活をしていて、夫は浮気がバレたら

「婚姻関係は破たんしていた」と言ってくる。

このようなケースは実に多いのです。

そして弁護士も浮気がバレた依頼人の弁護方法として

「婚姻関係は破たんしていた」と決まったように言ってくる。

夫も呆れるが、夫の弁護士も呆れてしまう。

何の罪もない妻に対して「既に夫婦関係は壊れていた」と言ってくるのだから

弁護士は人の感情をどう考えているのだろうか?

このような時、妻は夫の弁護士など何も恐れることはない。

大きな声で夫の弁護士に言ってください。

夫が浮気をする前は全く婚姻関係は破たんなどしていません・・・と。

「婚姻関係が破たんしていた」は

浮気がバレた時の言い訳の言葉ではないのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・小樽・余市・函館・旭川・帯広・北見 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

浮気がバレ、子連れで浮気相手と同棲

例えば妻の浮気が発覚する。

夫が妻にその浮気の事実を問いただす。

妻は逆ギレをして家を出て、その浮気相手と同棲を始める。

その後、夫へ家庭裁判所から一通の書面が届く。

「離婚」と「婚姻費用」についてであった。

夫も離婚の話し合いはともかく、

「婚姻費用の請求」については唖然としてしまう。

浮気がバレて、家を出て浮気相手と同棲。

そして自分に婚姻費用を請求してくる。

このようなケースを探偵はたくさん見ます。

そして場合によってこの請求が通ることもあるのです。

時に法律は義務に対しての責任より、権利を優先する。

そして納得のいかないことも多い。

だからこそアナタは強い意志でこのような状況に立ち向かって下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・南幌・長沼・千歳・函館・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

浮気離婚問題 戦いの手順①

例えば夫の浮気が発覚する。

妻は夫と何度も話し合いを持つが夫は開き直り逆ギレ。

妻は離婚を決断する。

だが離婚には様々な準備が必要です。

怒りの感情や勢いで離婚をしてしまうと後々、問題が出てくる。

親権・・・

財産分与・・・

子供との面会交流・・・

養育費の金額等など。

そこで、まずは浮気相手を訴える。

裁判は時間がかかります、仮に示談で終わったとしても

数カ月、裁判になれば1年はかかります。

その間、夫との離婚の準備を進めるのです。

妻にとって慰謝料の請求相手は「夫」と「その浮気相手」です。

本丸の夫との戦いは後回しにし、まずは「浮気相手」を訴え、

その後、夫への請求をおこす。

これも浮気問題の戦い方の一つです。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で浮気調査、家出人調査、
ストーカー調査、盗聴調査など様々な調査を承っております。

カテゴリー: 札幌 | タグ: |

平凡こそが幸せに気づく

人生には不調の時もあれば好調の時もあります。

人生の不調の時には人は謙虚になれます。

でも絶好調の時には感謝を忘れてしまうことがあります。

例えば・・・・

ご主人は謙虚な方で普段から奥さんには感謝をし、また子煩悩な人。

奥さんもまた素直で優しい人。

ご主人は仕事を評価をされ、異例の昇格。

また趣味でやっていた株取り引きもどんどん利益が出ていた。

何もかもが絶好調であった。

そしてだんだんとご主人は変わっていった。

仕事と言っては飲みにいき、帰宅も深夜になる。

日曜日も疲れていると言って子供とも遊ばなくなった。

その後、ご主人の浮気が発覚、

若い浮気相手の女性のところに入り浸り、自宅にも帰らなくなった。

奥さんは悩んだ末に離婚を決断。

そして離婚後、ご主人の人生の歯車が狂う。

仕事の大きなミスが重なり、会社を解雇になる。

当然浮気相手の女性も離れていったらしい。

このようなケースを探偵はたくさん見てきました。

人生・・・ 絶好調の時こそ「感謝を忘れない」

感謝を忘れた時、人生の歯車が狂ってしまうのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌を拠点に北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 札幌 | タグ: |