月別アーカイブ: 5月 2021

現在も過去も未来も自分次第

例えば夫の浮気が発覚、

妻には様々な思いが襲ってくる

昔はあんなに優しかったのに・・・

今の夫は別人のように冷たい・・・

これからどうなっていくんだろう・・・

人生は過去、現在、そして未来に生きていく。

今、夫の浮気で悩んでいるのなら考えることは過去でも現在でもなく、

未来の自分ではないでしょうか。

過去の優しかった夫や現在の怒りの目でしか見ることのできない夫でもなく、

未来の自分はこの夫との生活をどう思うのか・・・

過去の思い出にすがるのではなく、

未来の自分に責任を持てる決断を現在の自分がする。

過去、現在、だけど一番大切なことは未来の自分です。

(株)アイシン探偵では
札幌・赤平・芦別・富良野・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 富良野 | タグ: |

浮気当事者に責任感など持ち合わせていない

浮気が始まると配偶者や子供に対して責任を放棄するケースが多い。

まだ小さな子供がいるにも関わらず、家にも帰らず生活費も入れない夫・・・

浮気がバレルとすぐに離婚調停を申したてる夫・・・

小さな子供を放って浮気相手と遊び歩く妻・・・

突然、子供を連れて家を出て、浮気相手と暮らし始める妻・・・

とにかく無責任な浮気が多い。

結婚という責任も、

親としての責任も全く感じていない浮気当事者たち。

なぜこの人は結婚したんだろう・・・

なぜこの人は子供を産んだのだろう・・・ 

そんなふうに思ってしまう人たちが多いのです。

結婚するということは「責任」を持つことです。

その責任の意味が分からないのであれば結婚はしない方がよい。

いつも浮気問題で傷つく子供たちをみる探偵はそう思います。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌市・南幌町・長沼町・恵庭市・函館市・旭川市・釧路市 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 江別 | タグ: |

浮気調査  作戦、準備、実行

例えば夫の浮気が発覚する。

だが夫は開き直り、逆ギレをする。

妻は悩んだ末に離婚を決断。

ここで妻が要求した慰謝料の金額を夫が合意すればよいのだが、

そうでなければ調停、そして裁判と進んでいくことになる。

仮に裁判になり、判決で金額が確定されたとしても

夫の支払い能力がどこまであるのか?が重要です。

判決が出た後、夫がその慰謝料を払ってこなければ、

その判決も「絵に描いた餅」になってしまう。

夫が公務員などで給料の強制執行などができる状況であれば、

少しづつ支払わせることができるが、

定職を持っていないような夫であれば、その方法も困窮してしまう。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気が発覚・・・・

「慰謝料を取って離婚してやる」と怒りといきおいで行動をするのはダメです。

慰謝料を取るには入念な準備と作戦が必要なのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・室蘭・函館・旭川・帯広・北見・網走・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |

離婚問題と財産分与(家)

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレをする。

妻は悩んだ末に離婚を決断する。

夫も浮気の事実関係を認め、慰謝料を払うことを約束。

そして妻が親権者となり、養育費の金額も決定する。

だが最後に大きな問題が残っていた。

持家の処分をどうするのか?です。

妻も仕事を持ち、収入があったため家を購入する際、

夫と妻の共同名義で銀行から借り入れをしていたのであった。

このような場合、離婚時に家を売却し清算ができればよいのが、

通常はそれによって数百万の売却損が発生する。

仮に500万円の売却損が発生した場合、

妻と夫でそのお金を出さなければならない。

またどちらかがその家に住み、

残りの支払いをしていく場合もリスクがある。

夫がその家を維持することになり、数年が過ぎる。

だが数年後、妻の元に銀行からの督促状が届く。

夫が会社をリストラになり、家の支払いを滞らせたのだ。

当然、借入の時に妻と夫の共同名義で借り入れをしていたのであれば

支払いが滞ると妻に請求がいくことになるのです。

また夫が自己破産をすると残りの支払いは全て妻がしなければならない。

離婚をする際、持家の借り入れを共同名義でしている場合、

その処分をどうするのかを慎重に考えてください。

(株)アイシン探偵では
函館・札幌・旭川・帯広・北見・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館 | タグ: |

浮気調査 愛と憎は裏表

例えば夫の浮気が発覚。

信じていた相手の裏切りだけに妻は愕然としてしまう。

そして愛していた分だけ憎さがこみ上げてくる。

だがその後も夫は開き直ったまま逆ギレをしている。

妻は憎い夫と離婚をしようか?を迷う。

だが相手のことが憎いうちはまだ夫を愛していることでもある。

仮に夫に全く愛情がなくなったとしたら憎さもなくなるはず。

だからまだ夫を憎いと思っているうちはいきおいで離婚をしない方がよい。

離婚は後戻りできないのです。

もし憎さの感情だけで離婚に踏み切ってしまうと後悔してしまいます。

「憎い」と「愛情」は裏と表です。

まだ相手を憎いなら、それはまだ愛しているのです。

(株)アイシン探偵では
千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 室蘭 | タグ: |