浮気をしておきながら離婚調停の申し立て

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は札幌を拠点に
北海道全域で様々な調査を承っております。

最近、急増しているのが自分で浮気をしておいて

離婚調停や離婚訴訟を起こしてくるケース。

この傾向は妻の方が圧倒的に多い。

ある調査事例・・・・・

妻の帰宅が極端に遅くなり、たびたび外出する。

遅くなるときなど午前3時をすぎることもある。

夫が不審に思い、調査を依頼された。

結果は当然、浮気の事実が出てきた。

探偵からの報告を受けたご主人は茫然とされていた。

そして離婚を決意しようとしたが小さい子供のことがあり、

決断をしかねていたある日、

裁判所からご主人宛てに一通の書簡が届く。

奥さんからの離婚調停申し立ての主旨が書いてあった。

自分の浮気の事実には全く触れず、性格の不一致の

強引な離婚要求であった。

ご主人は怒りと憤りがこみ上げてくる。

だがここで怒りにまかせて行動するのは

奥さんの思うつぼである。

間違っても喧嘩をして奥さんを軽くでも殴ってしまえば

DVで離婚が成立してしまうのです。

基本的に有責配偶者(浮気をした方)からの離婚は認められない。

当然、調停でも訴訟でも・・・・

離婚調停、離婚訴訟を起こされても、

被害者であるアナタは冷静に対処し、

相手が浮気をしている事実を訴えて下さい。

(株)アイシン探偵事務所 では
札幌・旭川・帯広・北見・釧路・網走・根室・千歳・室蘭 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977


(株)アイシン探偵事務所 根室ホームページ

カテゴリー: 根室   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。