家出・失踪人調査 特別な方法はありません。

まず探偵の探し方において特別な方法はありません。

例えば警察の管理する

Nシステムの情報入手ができるわけでも

特別な職務権限があるわけではないのです。

探偵は家出人・失踪人の失踪前の状況や性格、

本人の行動傾向などから現在の状況を想定しながら

「とにかく探す」のです。

また調査シュミレーションを3段階に分けます。

1段階  本人の失踪前の状況の分析

      友人、知人の洗い出し

      手配書の作成

      手配書の配布

2段階  失踪ポイント(家出人の住んでいた場所)から

      近距離~中距離の地点での捜索

3段階  全ての情報の確認と遠距離での情報確認

ある失踪人調査・・・・・

マルタイは30代の男性。

奥さんと子供を残しての失踪。

ご主人はリストラ、自分の持病の悪化などで悩んでいた。

「僕を探さないでください」と置手紙。

奥さんは自分で数日、探し続けたものの

手がかりすら出てこない。

そして知人に紹介され、当社に来られた。

探偵は早速、調査を開始する。

調査班を2つに分け、日中の調査班と深夜の調査班。

日中の調査班はパチンコ店、漫画喫茶、公園の駐車場など

手配書を配りながら調査を進めていく。

深夜の調査班は夜の公園、24時間スーパーの確認などを

徹底的に走り回る。

マルタイの情報も集まり、絞り込みをかけていく。

調査開始から12日目、

とある24時間スーパー駐車場でマルタイのご主人を確認。

至急、依頼人の奥さんに現場に来てもらう。

そして奥さんと探偵がマルタイの車両に近づく。

同時に車両班の探偵がご主人のクルマの前をふさぐ。

無事にマルタイを保護する。

疲れ切った様子のご主人と涙をボロボロと流した奥さん。

探偵もその姿を見て、たまりにたまった疲れがなくなった。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・江別・恵庭・室蘭・伊達・函館・北斗・旭川・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977


(株)アイシン探偵事務所 江別ホームページ

カテゴリー: 江別   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。