浮気問題 離婚の強要に負けない

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は嘘を繰り返し、その後は逆ギレと開き直り。

「俺はとにかく離婚するからな」

「俺はしたいようにする」

「文句があるなら離婚すればいいだろう」

そして夫は家を出て行き、生活費すら入れてこなくなる。

妻と子供はたちまち生活に困窮してしまう。

妻が生活費を夫に請求すると、

「離婚すれば金はやる」

「黙って離婚しろ、そうすれば少しは養育費を入れてやる」

「引越代を出してやるからさっさと家を出ろ」等など

強引な言い分で妻に迫ってくる。

ここで妻は二つの道から選択することになります。

相手の強引な言い分に従うのか?

自分の尊厳にかけて戦うのか?

もし戦うのであれば方法はたくさんにあります。

まず生活費については調停なり裁判なりで

婚姻費用の請求をする。

弁護士が必要であれば、

法テラスの扶助制度を使えば良い。

ここで重要なことは浮気をしたのは夫の方である。

その夫に『強引に離婚させられる』ことを

甘んじてはならないのです。

婚姻費用を確保したのなら

妻は納得いくまで離婚などしなければ良いのです。

相手が離婚を迫ってきても

「私は納得するまで離婚はしません」と言うのです。

探偵はハッキリと言います。

相手の勝手な浮気で「離婚させられてはいけません」

離婚をするのならアナタが戦いきって

自ら「離婚をしてやる」のです。

アナタの尊厳を守ってあげられるのはアナタ自身なのです。

(株)アイシン探偵事務所では
富良野・帯広・根室・釧路・旭川・札幌・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 根室ホームページ

カテゴリー: 根室   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。