妻の浮気とこの親権

結論からいうと浮気と親権は関係ない。

例え妻が浮気をしてそれが原因で離婚になったとしても

夫が親権を取れる可能性は高くない。

また子供が小さければ

なおさら妻が親権を獲得する確率が高い。

調停でも裁判でも

『子供が小さい時は母親が親権者』との見解がある。

夫からしたら納得がいかない。

妻が浮気をして家庭が壊れる。

そして可愛い子供とも別れなければならない。

だが法律はある意味、不条理なものです。

ですから夫は感情的にならず、

離婚について十分に考える必要があるのです。

夫が親権を得ようとするならば

「妻の浮気」の事実関係を証明するより、

その浮気によって子供の

「観護放棄」がなかったのかを証明するのです。

探偵はハッキリと言います。

妻が浮気をしても夫が親権を取れるとは限りません。

だからこそ夫は怒りの感情で臨むのではなく、

冷静に離婚の方向性を考えて下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・室蘭・函館・北斗・旭川・帯広・北見・釧路・根室 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 帯広市ホームページ

カテゴリー: 帯広   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。