浮気調査 養育費の落とし穴

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は浮気相手との半同棲状態であった。

夫は妻に『養育費は可能な限り払わせてもらう』と

離婚を懇願してきた。

妻は当然、納得できない。

妻は『それじゃ養育費を毎月10万円を払いなさい』と要求する。

夫の給与を考えると当然、払える金額ではない。

だが夫はその金額を承諾する。

妻は話し合いの流れで離婚を承諾した。

当然、養育費の取り決めは公正証書にしたのだが・・・

数か月は毎月、養育費が払われていたのだが、

半年後、夫からの養育費減額の調停がおこされた。

理由はその時の浮気相手と結婚し、子供ができたためであった。

離婚を焦っていたのもその女性が妊娠していたため。

そして妻の要求通りの養育費を承諾したのも

後で養育費減額の調停をおこすことを想定していたのだ。

結論から言えば夫の養育費の減額は認められた。

養育費の取り決めには様々な落とし穴があります。

その点を十分に考慮して養育費を決めて下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・留萌・稚内・紋別・網走・釧路・千歳・室蘭・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 紋別市ホームページ

カテゴリー: 紋別   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。