浮気調査  ラブホじゃないから大丈夫?

法的に言えば不貞行為(浮気)とは性交渉である。

一緒に食事をしていた・・・

映画に行った・・・

ドライブに行った・・・ 等などの

行為は法的に言えば浮気ではない。

やはり浮気調査においての証拠は

ラブホテルの出入りが確実である。

またはどちらかの家に数回の宿泊なども

性交渉を伴う関係証明になる。

浮気当事者たちはその状況さえ撮られなければセーフと考える。

ラブホテルに行かない・・・

相手の家に泊まらない・・・

例えば夫の浮気。

夫の浮気相手は会社の部下の女性。

二人は浮気を会社の出張を利用するのであった。

当然、会社の出張を二人で行ったところを

掴んでも浮気の証拠にはならない。

当然、シングルルームを別々に取る。

探偵は同じフロアの別の部屋に部屋を取る。

そして時間を見計らって廊下でその時を待った。

30分後、アノ声が廊下に聞こえてきた。

『○○さん、気持ちいい・・・』

『○○さん、愛してる』

『俺もだよ』

ビジネスホテルの作りは意外と室内の音声が廊下に聞こえる。

またシティーホテルなどは朝、新聞を部屋に差し込むため

ドア下が数センチ開いているのです。

ですから会話やセックスの声が廊下に響くのです。

後はその録音を反訳(録音の声を文字におこす)

してもらえば立派な浮気の証拠になる。

○○さん、気持ちいい・・・・等の

あえぎ声も反訳するのです。

これは浮気当事者たちには命取りです。

裁判という公の場でそのやり取りがだされるのですから。

その点、ラブホテルは防音は完璧です。

探偵はハッキリと言います。

ラブホテルを利用しなければ安心と思っている方へ。

それは大きな間違いですよ。

(株)アイシン探偵事務所では
室蘭・伊達・函館・北斗・札幌・江別・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 函館市ホームページ

カテゴリー: 函館   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。