浮気問題 調停から弁護士の介入のメリット

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレを繰り返す。

妻も悩んだ末に離婚を決断する。

この場合、まずは離婚調停を申し立てることになります。

基本的に裁判の前に

まずは調停をしなければならないからです。

調停は互いの主張に対して調停員を介して

合意をはかることを目的にしています。

ですから法律的な観点より

合意の引き出しやすい方向に流れることが多いのです。

つまり意志の固い当事者の主張を優先する傾向になる。

このケースのように夫の浮気が発覚し、

なおかつ夫は養育費は2万円以上は

「絶対」に払わないと主張。

夫の収入から算定する養育費がもっと高いとしても

調停員たちは夫の合意を引き出そうと

それより低い金額でも話をまとめようとしてくる。

いわゆる強い意志の当事者に流れが向いてしまうのです。

これを防ぐためにも調停から弁護士を介入させるのです。

弁護士が伴って調停に臨むと調停員たちも

法的観点から話を進めざるをえません。

また調停の段階で弁護士を用意しておけば

仮に調停が不調になれば

速やかに訴訟(裁判)に移行できます。

探偵はハッキリと言います。

調停だからこそ弁護士を用意する。

納得する離婚のためには必要なことです。

(株)アイシン探偵事務所では
北見・網走・釧路・根室・旭川・札幌・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 千歳市ホームページ

カテゴリー: 千歳   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。