取引先調査 契約前には訪問する

典型的な例・・・・

北海道のA社に電話が入る。

相手は東京のB会。

「御社のホームページを拝見した」

「御社の○○を取り扱いたい」

「着払いで商品を発送してほしい」とB社申し出る。

当初は着払いでB社から商品の注文がコンスタントに入る。

一ヶ月後、B社から売掛にしてほしいと言ってくる。

翌月、売掛金の支払いも振り込みがある。

数か月後、そのB社から大口の取引が決まったと連絡が入る。

大型量販店のC社に納品が決まったと。

今までの取引は月に数万円だったのだが

数百万円の注文が来る。

そしてその大量の商品を納品した。

その後、B社からの入金がなくなった。

当然、電話もつながらない。

計画的な詐欺である。

当初は着払いで商品を買う。

その後、小額の取引で売掛を要求してくる。

架空の取引をでっちあげての大量注文。

そして連絡を断つ。

インターネットの普及で

相手の顔が見えない商売が増えている。

その弊害でこのような詐欺が増えているのである。

小額でも売掛の商売をするなら

必ず相手先の会社を訪問してほしい。

そして登記簿の確認、また取引においての

契約の取り交わし等は最低限して下さい。

騙されてからでは遅いのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・旭川・帯広・北見・釧路・根室・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 釧路市ホームページ

カテゴリー: 釧路   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。