浮気調査 妻の逆切れ

例えば妻の不審な行動。

日曜日は夫に子供を託して外出。

妻は「たまには私も息抜きが必要なのよ」と

朝から外出し、帰宅は夜になる。

夫が「どこに行っていたの」と聞くと「息抜きよ」と怒ってくる。

平日も実家に子供を預けているようだ。

夫は友人などに相談するとみんなが口をそろえて言う。

「浮気しているんじゃないか」と。

夫は悩み考えて探偵に調査を依頼する。

探偵が調査をしてみるとやはり妻は浮気をしていた。

週に何度も実家に子供を預け、浮気相手と密会。

関係もに詰まっているようだった。

夫が妻にその浮気の事実を問いただすと

妻はとにかく夫が探偵まで使って調べてことに激怒する。

「男のくせに探偵まで使って」

「探偵まで使うような人だから嫌なのよ」

「探偵まで使って女の腐ったような人ね」

とにかく全て「探偵を使った夫」が悪いと主張する。

このようなケースは実に多い。

だが本当に探偵までを使って調査した夫が悪いのだろうか?

人はそれぞれの価値観を持っているのだから

妻の考えもその価値観と言えばそうかもしれない。

でも結婚は互いの人生に責任を持つことの約束。

また夫婦という共同体で子供を育てる責任を持つこと。

それを一方の不倫という破壊行為をした方が悪いのか?

それを探偵を使って調べた方が悪いのか?

「探偵まで使って」と開き直る前に

自分の責任も考えて下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・石狩・留萌・稚内・網走・釧路・旭川・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 留萌市ホームページ

カテゴリー: 留萌   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。