浮気離婚問題 財産分与・家

例えば妻の浮気が発覚する。

紆余曲折があり、夫は離婚を決断する。

慰謝料、親権、養育費は夫婦間の話し合いで決着がつく。

そして最後の問題点として

持家の処分をどうするのかに苦慮する。

銀行からの借り入れは夫婦の合算収入で

借り入れをしている場合仮に一方のみの借り入れに

変更しようとしても銀行が了解をしない。

このようなケースが実に多い。

共働きの夫婦においては妻、夫の

二人の収入をベースに借り入れをする。

仮に妻がその家に住み続け、残りの返済をする。

だが数年後、妻が仕事を辞めてしまい、

返済が滞ると銀行は当然、夫に対しての返済を求める。

基本的に二人で借り入れをしているのであれば

離婚時にその家を売却し、売却損を清算することが望ましい。

だが通常、よほどの頭金でも入れていない限り

売却損は数百万は覚悟しなければならない。

二人で借入して家を購入した場合、

離婚時の持家の処分は十分に検討してください。

(株)アイシン探偵事務所では
網走・紋別・稚内・旭川・札幌・千歳・登別・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 登別市ホームページ

カテゴリー: 登別   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。