浮気調査 真実を知る辛さ

例えば夫の不審な行動。

携帯電話を見ると浮気相手とのやり取りが確認された。

妻は悩んだ末に探偵に浮気調査を依頼する。

仮に夫の浮気証拠を取ったなら妻には

いくつもの選択肢が増える。

夫の有責性(浮気をした責任)を盾に離婚を拒否する・・・・

夫の浮気相手に慰謝料を請求し、

交際の中止を促すことができる・・・

夫の浮気の事実をもとに優位に離婚ができる・・・

いずれにしても浮気調査をし、

浮気証拠を得ることは有意義なことである。

ですが浮気調査の依頼には大きな辛さがともないます。

浮気調査には期間が必要です。

まずは調査対象者の基本的な行動を確認する。

そして調査証拠を積み上げていく。

この調査期間を探偵に預けていただく。

この探偵が調査をしている間、

依頼人には待っていただくことになる。

この「待っていただく間」が依頼人にとっては辛い。

今日は浮気をするのだろうか?

今日はホテルに行くのだろうか?

今日は家にまっすぐに帰ってくるのだろうが?

やはりこのような気持ちで過ごす1日は辛い。

浮気調査をして浮気の証拠をとることは有意義です。

でも、浮気調査を待っている間も辛い。

その辛さを耐える覚悟が

浮気調査を依頼するにあたって必要です。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。


(株)アイシン探偵事務所 北見市ホームページ

カテゴリー: 北見   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。