離婚裁判 嘘に嘘を聞く覚悟

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレ。

結局、夫婦間での話し合いがつかない。

妻は悩んだ末に調停を申し立てる。

調停も不調に終わり、後は裁判をおこすのみである。

ここで妻は裁判を起こす前に

二つのことを覚悟をする必要がある。

裁判はとにかく時間がかかること。

通常でも1年間は想定しておく必要があります。

浮気の慰謝料の他に財産分与や親権までもが

争点になっている場合はもっと時間がかかることも

想定しなければなりません。

また裁判において夫はありもしない嘘を

言ってくるケースも多い。

「妻は家事も一切しなかった」

「妻も浮気をしていた」

「もう何年も前から婚姻関係は破たんしていた」等など、

自分の浮気の責任をごまかすために嘘を言ってくる。

ある意味、裁判は人の一番嫌な部分をみることになります。

裁判を起こす前に2つの覚悟をして下さい。

1.裁判は時間がかかる。

2.裁判で相手はでたらめな嘘を言ってくる。

(株)アイシン探偵社では
千歳・苫小牧・登別・室蘭・函館・旭川・北見・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 函館市ホームページ

カテゴリー: 函館   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。