盗聴調査 盗聴犯は身近な関係者

下記の調査事例は類似する複数の事例などを元に
創作したフィクションです。

盗聴調査事例・北広島市

盗聴器の犯人は、当社の過去のデーターにおいては

驚かれるかもしれませんが、夫が最も多いように思います。

自分の留守の間に妻が浮気をしていないのか?が心配なのでしょう。

A子さん(31才)から当社無料電話相談室にご相談をいただく。

A子さんは夫 Bさん(42才)との二人暮らし。 

結婚して2年目のご夫婦。

夫 Bさんは不動産関係の会社を経営している。

Aさんからのご相談内容は夫 Bさんの言動でした。

A子さんが夕飯の買い物に出かけ、近所の奥さんと偶然に会い、

お茶をして帰る日は必ずと言っていいほど、

Bさんから「買い物はどこに行っていたの?」 

「真っ直ぐに帰ってきたの?」などの質問責め。

また、A子さんが数人の友人と電話で食事会の打ち合わせをしていると、

Bさんが仕事から帰るなり「今度、友達と出かける予定はないの?」などと

聞いてきたそうです。

A子さんの頭にふと「盗聴器?」との思いが浮かんだそうです。

A子さんからの正式な調査依頼もあり、

まずは調査当日、A子さんの自宅付近を確認。

やはり、ご主人の車が自宅付近の公園に止まっていました。

しばらくご主人を監視し、午後3時にご主人が公園から車を走行させ、

会社の戻ったのを確認したのち、自宅に伺い、盗聴器確認調査をする。

調査をした結果、2個の盗聴器の設置を確認し、撤去を致しました。

後日、A子さんからご連絡を頂きました。

先日の調査した日、A子さんは夫 Bさんといろいろと話をしたそうです。

Bさんも盗聴器を設置したことを認め、謝罪したそうですが、

A子さんはやはり複雑な気持ちが解消できず、現在は別居を検討している。

※ 盗聴問題・盗撮問題などで悩まれている方の
  解決の糸口なってくれれば幸いです。

(株)アイシン探偵  北広島市ホームページ

カテゴリー: 北広島   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。