浮気、離婚問題 口約束は無いものと思う

例えば夫の浮気が発覚する。

当初、夫は開き直り、逆ギレをしていた。

だがその後、態度が一転し、謝罪をする。

紆余曲折があり、互いに離婚に向けて協議をする。

夫は「自分の浮気が原因で離婚するのだからできるだけのことはする」と

妻の条件を聞き入れる。

養育費は月に6万円・・・・

慰謝料は分割支払いで総額400万円・・・

財産分与については家は妻がそのまま住み、支払いは夫がする・・・

妻の要求を夫は全て了解し、離婚成立。

だが翌月、養育費、慰謝料分割分、家の支払いなど全て夫は払わない。

すぐに妻は夫に電話をする。

夫は「なんの話だ、俺はそんな約束などしていない」と言ってくる。

妻は夫との約束事を公正証書にしていない。

単に「口約束」をしただけであった。

このような場合、妻はもう一度、

夫と調停などで話し合いをしなければならない。

だが既に離婚成立している状況で

夫が素直に調停に出てくることは考えにくい。

そして全ての約束ごとがウヤムヤになってしまう。

このようなケースは実に多いのです。

離婚時の取り決めは必ず公正証書にして下さい。

口約束の取り決めなどしていないのと同じです。

(株)アイシン探偵社では
札幌・小樽・江別・岩見沢・美唄・旭川・北見・釧路・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵社  江別市ホームページ

カテゴリー: 江別   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。