浮気に罪悪感をもたない妻

人は自分自身の罪悪感には弱い。

あの時にあんなことを言わなければ良かった・・・

俺があんなことを言ったからアイツが死んだんだ・・・

アイツが事故にあったのは俺のせうだ・・・

人は普通の状態では適正な罪悪感を持つ。

だが浮気問題になると一変する。

普通の状態だと結婚に対しては互いの責任や

子供に対しての義務などを自覚している。

だが浮気をしだすとそれらの感覚がなくなり、

罪悪感すら持たなくなる。

私が浮気をしたのは妻がちゃんと主婦をしなかったからだ・・・

子供が産まれてからは妻は母親ではあるが妻ではなくなった、

だから浮気をして何が悪い・・・

夫が仕事ばかりしていて私は寂しかった、だから私は浮気をしなのよ・・・

自分が浮気をした罪悪感をこじつけの理由で自分自身をごまかす。

そしてそのこじつけの理由を相手にぶつける。

例えば・・・・

夫は働き者の子煩悩な人物。

妻も浮気をする前までは良き妻であり、良き母親であった。

だが浮気をしだしてからは豹変する。

夫がたびたびの外出をとがめると、

「私だって息抜きが必要なのよ」と逆ギレ。

子供の食事もコンビニの弁当を買い与えて浮気相手と遊びに行く。

夫が離婚を決断し、妻と話し合いをするが

妻は自分の論理をぶつけてくるのである。

私だって自由が欲しいのよ・・・

私だって恋愛して何が悪いのよ・・・

だから離婚してよ・・・

夫にとっては到底受け入れることのできない理由を言ってくるのだ。

この妻にとって自分が浮気をして家庭を壊し、

子供と夫を不幸にすることの罪悪感などないのだろう。

浮気をして家庭を壊す。

そしてその罪悪感を自分勝手な論理でごまかす。

その報いは必ずアナタが償う日が来るのです。

(株)アイシン興信所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・函館・旭川・北見・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所  網走市ホームページ

カテゴリー: 網走   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。