浮気問題 別居前に理由を明らかにしておく

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレをする。

何度も妻は夫と話し合いを持つが、話し合いは平行線をたどる。

妻は悩んだ末に別居を決意する。

小さな子供を連れて実家で暮らし始める。

夫が自分の浮気を反省せず、開き直るのであれば

別居を試みるのも一つの方法です。

ですが、別居が長くなると夫から

「婚姻関係が破たんしている」と言ってくることも考えられる。

そして夫から離婚調停を申し立ててくることもある。

このようなことを想定し、妻は3点、やっておくべきことがあります。

1.婚姻費用を決めておく。

2.定期的に子供と会わせておく。

3.夫の家の掃除や洗濯などもたまにしておく。

上記のことはもし夫が「婚姻関係が破たんしている」と言ってきた場合、

妻は「破たんなどしていません」との根拠になります。

そして妻は別居をせざるを得なかったのは

「夫の浮気」が原因であると強く言えることになります。

探偵はハッキリと言います。

夫の浮気問題で別居中の方へ。

夫の婚姻関係が破たんしているなどの言い分を通させないように

上記のことをしておくことをお勧めします。

(株)アイシン探偵事務所では
千歳・苫小牧・登別・室蘭・伊達・函館・札幌・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 登別市ホームページ

カテゴリー: 登別   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。