浮気調査 婚姻関係の破綻

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は浮気がバレルと開き直り、逆ギレ。

そして家を出ていく。

その後、夫の弁護士から書面が届く。

その内容は全く呆れるものであった。

既に婚姻関係は破たんしている・・・

速やかに離婚に応じろ・・・  など。

妻はその弁護士の書面を読んで怒りと悔しさがこみ上げてくる。

夫とは特にケンカをしていたわけでも、別居をしていたわけでもない。

普通に生活をしていて、夫は浮気がバレたら

「婚姻関係は破たんしていた」と言ってくる。

このようなケースは実に多いのです。

そして弁護士も浮気がバレた依頼人の弁護方法として

「婚姻関係は破たんしていた」と決まったように言ってくる。

夫も呆れるが、夫の弁護士も呆れてしまう。

何の罪もない妻に対して「既に夫婦関係は壊れていた」と言ってくるのだから

弁護士は人の感情をどう考えているのだろうか?

このような時、妻は夫の弁護士など何も恐れることはない。

大きな声で夫の弁護士に言ってください。

夫が浮気をする前は全く婚姻関係は破たんなどしていません・・・と。

「婚姻関係が破たんしていた」は

浮気がバレた時の言い訳の言葉ではないのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・小樽・余市・函館・旭川・帯広・北見 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 札幌   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。