離婚裁判 入念な準備と覚悟

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は浮気がバレルと客ギレをして開き直る。

妻は悩んだ末に離婚を決断する。

だが夫との話し合いは一向に進まない。

妻は調停を申し立てるが、調停においても夫の開き直りは変わらず、

結局、調停も不調になる。

そして離婚裁判に持ち込まれる。

妻は裁判になれば裁判所が夫を裁いてくれると期待する。

だが裁判所は絶対正義ではありません。

傍聴をしていると、明らかにやる気のない裁判官と遭遇する。

双方の答弁書も陳述書も

ほとんど読み込んでいない裁判官は傍聴していれば分かるものです。

極端な言い方になるが、

裁判官の中には「所詮、離婚問題」との感覚もある。

裁判所は絶対的正義ではありません。

アナタの悔しさや辛さを全て汲み取って裁いてくれる場所ではないのです。

だからこそ離婚裁判に勝つためには

入念な準備、戦い抜く覚悟などが必要なのです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・長沼・南幌・恵庭・千歳・函館・旭川・帯広・釧路  他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。