浮気調査 弁護士の倫理観?

例えば妻の浮気が発覚する。

夫が妻に浮気を問いただすと妻は逆ギレし、実家に帰ってしまう。

数日後、夫の元に妻の代理人と称して弁護士から書面が届く。

内容は夫にとっては腹立たしいものであった。

1.妻には今後、連絡をするな。

2.妻の浮気は夫婦関係が破たんした後であり、浮気に関する責任はない。

3.速やかに離婚に応じなさい。

まるで悪いのは夫であり、妻は被害者であるがのごとく書いてある。

妻の弁護士は夫が法律には無知であることに付け込んで

一気に押し切ってしまおうとの思惑も含んでいるのだろう。

実際、このように素人の相手(夫)に対して強引な文章を送り付けてくる

モラルの低い弁護士が多いのです。

さてこのような時、夫の選択肢は2つ。

1.自分も弁護士を立て、協議に入る。

2.妻の弁護士に対して直接的に感情をぶつける。

自分も弁護士を立てるのはいつでもできます。

まずは妻の弁護士に感情をぶつけてみてはどうでしょうか。

浮気をした妻が悪いのか? 浮気をされた俺が悪いと言うのか?と。

弁護士は書面に法律的な言葉をならべ強気で押してくるが、

相手が直接的に感情をぶつけてくると弱い。

何も相手が弁護士だからと恐れることは何もありません

妻の弁護士から強引な書面が送られてきたら、

その弁護士を直接訪ね、自分の感情をガンガンぶつけてください。

そこからが戦いの始まりです。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・室蘭・函館・旭川・北見・網走・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。