離婚裁判 本当に平等か

例えば妻の浮気に耐えきれず、夫は離婚を決断する。

だが浮気した妻が親権を主張すれば、

夫がいくら親権を主張しても裁判所は基本的に妻を親権者にする。

そして夫は妻の浮気が原因で離婚になり、子供は妻に取られ、

養育費も払わされる。

妻の浮気に対しての慰謝料は

妻の支払い能力がないとの理由でウヤムヤになる。

また「子供の親権者は母親が適任である」との

画一的な裁判所の判断も夫(男性)にとっては納得のいくものではない。

法の上では国民は平等?

離婚裁判においては男性(夫)は明らかに不平等な扱いを受けます。

だからこそ男性(夫)は離婚においては

法的な知識と入念な準備をしなければなりません。

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で
浮気調査・家出人調査・盗聴調査・ストーカー調査など
様々な調査を承っております。

カテゴリー: 函館   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。