タグ別アーカイブ: 探偵千歳

浮気問題 諦めない

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は全く反省もせずに開き直る。

調停でも裁判でもすればいいだろう・・・

俺は彼女(浮気相手)と別れるつもりはない・・・

お前が離婚に承諾するば全て終わるんだ・・・

このような時、やはりアナタはこの浮気問題と

戦わなくてはならない。

子供たちのためにも、自分の人生のためにも。

妻は自分の気持ちを奮い立たせ、夫に立ち向かう。

それでも夫は更なる逆ギレをする。

妻は「もうダメだ、これ以上頑張れない」と口に出してしまう。

そして全ての気力が消えて行く。

「もうダメだ」と言った瞬間に妻の負けが決まってしまう。

今、アナタが配偶者の浮気問題と戦うことを決めたのなら

「もうダメだ」を絶対に口にしない覚悟を持って挑んで下さい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 千歳市ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: |

浮気問題 調停から弁護士の介入のメリット

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は開き直り、逆ギレを繰り返す。

妻も悩んだ末に離婚を決断する。

この場合、まずは離婚調停を申し立てることになります。

基本的に裁判の前に

まずは調停をしなければならないからです。

調停は互いの主張に対して調停員を介して

合意をはかることを目的にしています。

ですから法律的な観点より

合意の引き出しやすい方向に流れることが多いのです。

つまり意志の固い当事者の主張を優先する傾向になる。

このケースのように夫の浮気が発覚し、

なおかつ夫は養育費は2万円以上は

「絶対」に払わないと主張。

夫の収入から算定する養育費がもっと高いとしても

調停員たちは夫の合意を引き出そうと

それより低い金額でも話をまとめようとしてくる。

いわゆる強い意志の当事者に流れが向いてしまうのです。

これを防ぐためにも調停から弁護士を介入させるのです。

弁護士が伴って調停に臨むと調停員たちも

法的観点から話を進めざるをえません。

また調停の段階で弁護士を用意しておけば

仮に調停が不調になれば

速やかに訴訟(裁判)に移行できます。

探偵はハッキリと言います。

調停だからこそ弁護士を用意する。

納得する離婚のためには必要なことです。

(株)アイシン探偵事務所では
北見・網走・釧路・根室・旭川・札幌・千歳・函館 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 千歳市ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: |

離婚調停から離婚裁判へ

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は逆ギレ、そして開き直り。

当事者間では話し合いにならず、調停も不調になる。

そして裁判になる。

探偵はその離婚裁判をたくさん見てきて思うことがあります。

裁判は互いに正直に正々堂々と戦ってほしいと。

だが現実の離婚裁判は嘘と駆け引き。

そして感情のぶつけあい。

一度は愛し合い、結婚した二人が

この世で一番憎い相手になる。

だが夫婦の間に子供がいた場合、

離婚後も父親と母親の関係は一生続くのです。

だからこそ浮気をした夫はその事実に対し謝罪し

判決で決まった責任を果たす。

そして妻は判決がでた後は憎しみを捨て、

歩きだしてほしいのです。

探偵はハッキリと言います。

一度は愛し合った二人。

そして別れることになるのなら

最後は正々堂々と裁判をしてほしい。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

(株)アイシン探偵事務所 千歳ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: |

浮気問題 好きだ愛しているを軽々しく言う男

ある調査での話。

ご主人の浮気調査を奥さんから依頼される。

結婚して1年目の新婚夫婦。

ご主人から突然「離婚しよう」と奥さんが言われたそうだ。

探偵がこのご主人の行動を調査してみると

とにかくこのご主人は「好き」を連発していた。

友人男性とキャバクラへ行く。

探偵もその店へ内偵に入る。

ご主人は接客についたギャバ嬢に

「可愛いね、君みたいな子は大好きなんだ」

また会社の同僚と飲みに行く。

居酒屋で隣に座った女の子2人と盛り上がっていた。

そしてご主人はやはり一言。

「可愛いね。君みたいな子が好きなんだ」

とにかく女性に対して「好きだ」を連発。

探偵が奥さんにその状況をご報告させていただくと

奥さんはため息をつきながら言われた。

「私の時もそうでした」と。

「好き」と言う言葉は重い言葉です。

「好き」と言う言葉を簡単に言える人は

「別れ」も簡単に考えている傾向があるのです。

※ あくまでも探偵の主観です。
  当然、例外もあります。

(株)アイシン探偵事務所では
千歳・室蘭・函館・札幌・赤平・芦別・富良野・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 千歳ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: |

浮気問題 悪いのはどちらですか?

別居中の夫の浮気調査を依頼される。

以前からの夫の不審行動と嘘に耐えきれず、妻は実家に帰る。

だが夫は妻が実家に帰ってから自宅では生活していない。

そして探偵が夫の行動を調査する。

夫は別居の原因となった浮気相手の女性宅で同棲状態。

そして調査期間中に夫が妻に対して離婚調停を申し立てた。

当然、妻は調停で夫の浮気の事実関係を主張した。

だが夫は調停員に真顔でこう言った。

夫 「僕の浮気調査をするなんて

  プライバシーの侵害ですよね」

調停員 「それはプライバシーの問題ではないですよ」

夫 「だってこんな写真(調査資料)取られて盗撮ですよ」

調停員 「・・・・・・・・・・・・」

さすがにこの夫の無茶苦茶な論理に

調停員も言葉を失くしたようだ。

妻も夫の話を調停員に聞いて、怒りを通り越して呆れてしまう。

探偵はハッキリと言います。

アナタの浮気を調査して

プライバシーの侵害にはなりません。

そしてアナタの浮気の写真を取ることは盗撮にもなりません。

(株)アイシン探偵事務所では
札幌・千歳・苫小牧・伊達・函館・北斗・旭川・帯広・釧路 他
北海道全域で様々な調査を承っております。

無料電話相談  011-784-2977

(株)アイシン探偵事務所 千歳ホームページ

カテゴリー: 千歳 | タグ: |