タグ別アーカイブ: 探偵社旭川

探偵社 旭川 浮気問題~一人よりも二人でいる寂しさ

例えば夫の不審な行動が続く。

帰宅が遅くなり、休日も外出をして家に帰ってこない。

だんだんと外泊も続くようになる。

妻は夫に「家に帰ってきて」と夫に促すが、

「俺は一人になりたいんだ」

「今は俺のことは放っておいてくれ」

「俺が何をしようと関係ないだろう」と言い放ってくる。

結婚という意識をまるで持たない夫である。

妻はこれ以上、責めると

もっと帰って来なくと思い、黙り込んでしまう。

離婚になって一人になるのが寂しいと

妻はひたすら、その状況に耐える。

だが、本当にそうだろうか?

一人で生きて行くことも寂しいが

二人でいるのに、気持ちがすれ違って

暮らす寂しさの方が辛いのではないか。

探偵はハッキリと言います。

人は生まれてくる時も一人・・・

死んでいく時も一人・・・

そして一人で生きて行く寂しさも耐えられるのです。

気持ちのすれ違った二人が暮らすことの方が

人は耐えきれなくなるのです。

(株)アイシン探偵事務所では

滝川・旭川・北見・帯広・釧路・根室・札幌・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 旭川 | タグ: |

探偵社 旭川 浮気問題~慰謝料を値切るなら裁判

探偵はご相談で「慰謝料は取れますか?」と質問されます。

ですが、この質問事態が間違いです。

慰謝料は『取れるもの』ではなく『取る』ものです。

例えば夫の浮気が発覚する。

夫は浮気がバレたら、すすんで慰謝料を

払ってくるなどの展開はありません。

なんだかんだと言って、

慰謝料を払わずに済むようにしてきます。

浮気の証拠があれば、

裁判をおこして判決を取ることができます。

だが、判決が出ても慰謝料を払って来ない人すらいるのです。

慰謝料を取るのはやはり、アナタの強い意志が必要です。

ある例・・・・

結婚5年目のご夫婦。

ご主人は父親の会社を継ぎ、社長業。

結婚4年目から夫の不審な行動が続く。

接待と言ってはほとんど家に帰らない。

妻は不審に思い、探偵に調査を依頼する。

結果はやはり浮気をしていた。

取引先の会社の女性社員であった。

奥さんが夫にその浮気を問いただすと夫は逆ギレと開き直り。

「裁判でもなんでもしやがれ」と。

妻は夫に言い切った。

「アナタが慰謝料、1000万円を払わなければ

アナタの望み通り、裁判にしましょう」と。

妻のあまりの覚悟に夫は黙りこくってしまう。

夫は社会的立場もあり、裁判はやはり避けたい。

数日後、夫は700万円の慰謝料を提示してくる。

これとて、妻にとっては好条件である。

仮に裁判で判決になれば、上限で400万円であろう。

だが妻は「1円でも値切るなら私にも意地があります。

裁判にでもなんでもしましょう」と。

結局、夫は妻に1000万円の慰謝料を払った。

これは妻の強い意志が流れを決めたのだ。

夫が700万円の提示をした時、妻はこの条件をけった。

仮に裁判になれば判決はこの金額を大きく下回っただろう。

そして妻も弁護士費用や労力も使わなければならない。

だがそれでも妻は言い切ったのだ。

探偵はハッキリと言います。

慰謝料は『取れるか』ではなく、『取る」ものです。

『1円でも値切るなら、裁判だ』の決意です。

(株)アイシン探偵事務所では

恵庭・千歳・苫小牧・函館・札幌・旭川・帯広・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 旭川 | タグ: |

探偵社 旭川 浮気の言い訳

浮気がバレた時、逆ギレや開き直るのが当たり前になってきた。

それもだんだんと悪質になってきている。

浮気をする前から離婚を考えていた・・・・

※ これは定番の開き直り

お前がいつまでも離婚しないから浮気したんだ・・・

※ この夫は結婚をどう考えているのだろうか?

離婚できなければ死んだ方がましだ・・・

※ うーん

今、離婚すれば小銭くらいはくれてやる・・・

※ 今は明治ではなく、平成ですよ、時代錯誤

彼女に子供ができた、これで離婚するしかないだろう・・・

※ 自分の小さな子供をさんざん不幸にしておいて

離婚しないのはお前の身勝手だぞ・・・

※ 自分の浮気は身勝手ではないのか

探偵はハッキリと言います。

今、浮気をしている人たちへ。

逆ギレと開き直りをする前に考えて下さい。

結婚は互いの人生を背負いあう約束ごと。

自分の浮気で離婚するのなら

その償いは当然にしなければなりません。

(株)アイシン探偵事務所では

函館・北斗・千歳・札幌・留萌・稚内・釧路・根室 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

カテゴリー: 旭川 | タグ: |