アイシン探偵事務所TOP >> 調査事例

調査事例

夫のカードで浮気相手にプレゼント・・[苫小牧 浮気調査]

調査事例につきましては、当社において承りました調査事例ですが、名前、
年齢、地域、個人を識別できることにつきましては変更しております。




苫小牧在住の林田 修さん(28歳)から妻 恵美さん(27歳)の浮気について

ご相談を頂いた。



修さんは地方公務員、妻 恵美さんは保険会社の外勤職をしている。

子供は真一君(3歳)である。



1年前から会社の飲み会、友人との外出など恵美さんの外出が増えてきたそうだ。

帰宅時間も以前は午後11時前後であったが、最近は午前4時を過ぎることもあるそうだ。

修さんは何度か帰宅時間が遅いと恵美さんに話をしたが「付き合いだからしょうがないでしょう」と開き直る始末。

お話を伺った探偵は、やはり浮気の可能性が高いと判断し、妻 恵美さんの浮気調査を承った。


早速、翌日から調査開始。

恵美さんの職場、通勤経路などを確認する。

3日後、修さんから妻が「今日は飲みに行くので早く帰ってきて子供の面倒をみてくれ」と言ってきたと連絡が入る。

探偵は修さんの自宅付近にて待機する。

午後8時に修さんが帰宅した5分後に恵美さんが自宅から出てくる。

探偵が尾行を開始する。

自宅から100メートルのところにある大型家具店の駐車場に入る。

すると既に駐車中の白い車の助手席に乗り込む。

探偵はその車を追尾するとともにその車のナンバーを記録する。


その車は、あるハンバーグレストランに駐車し、男性と入店し食事をする。

店内の食事状況を撮影する。

1時間後、食事を済ませ再び車に乗り込み、走行を開始する。

あるマンションの駐車場にその車が駐車をする。

男性と恵美さんはそのマンションに入る。

マンション5階の一室の室内灯が点灯する。

探偵は張り込みを継続する。


深夜3時に男性と恵美さんがマンションから出てきて車に乗り込み、走行を開始する。

恵美さんは自宅近くで車を降り、帰宅する。


日曜日は、朝から子供を修さんに託し外出する。

その日は札幌までその男性とドライブし、札幌駅付近で買い物をする。

恵美さんがスーツをその男性に買ってあげていたのだ。


探偵は恵美さんの調査を継続するとともに、その男性の身元調査をする。

その男性は恵美さんの職場の同僚で31歳。



調査を完了し、探偵は今後の方向性を修さんと話し合う。

修さんは、できることであれば離婚は回避したいとのこと。

探偵は当社顧問弁護士を紹介し、代理人を立てて、

男性に慰謝料の請求と交際中止命令を出す。

修さんは恵美さんと全てを知っていると告知し、話し合いをする。

また、恵美さんは修さんのカードで相当額のプレゼントをその男性にしていた。


男性は1ヶ月後、修さんに慰謝料を支払い、今後の交際をしないとの内容で示談が成立をした。


修さんと恵美さんは、現在別居をし、お互いに今後を考えている。


このような状況においての夫婦のやり直しは簡単ではないが、いつか家族3人が笑顔で暮せる日々が来ることを願う探偵であった。

タグ:

コメントは受け付けていません。

アイシン探偵HOME